日本感情心理学会のウェブサイトへようこそ   

 

日本感情心理学会について

日本感情心理学会は1992年に設立されました。英語名称は、Japan Society for Research on Emotionsです。感情研究に関心をもつ研究者が広く集う学会として設立されました。以来、心理学領域の研究者をはじめ、広く関連分野の方々とともに、活発な研究活動を展開して参りました。
機関誌として、設立時より「感情心理学研究」を、2015年からは「エモーション・スタディーズ(Emotion Studies:ES)」を刊行し、年次大会、セミナーを毎年開催しております。機関誌は2誌ともにJ-Stageによるオープン・アクセスとしており、掲載された論文、記事は、ウェブを通して即座に世界中の読者の検索対象になります。小規模学会にもかかわらず、定期的に、年間4号分(感情心理学研究3号、ES1号)の研究成果・情報公表の媒体を有していることが、この学会の一つの特徴となっています。
今後とも、会員間の信頼と研究交流をより一層高め、感情研究の成果と意義を社会に発信しつつ、さらなる発展を期したいと存じます。感情研究にご関心をおもちの、さまざまな分野、領域の方々が、数多くご入会されますことを願っております。

What's New ・・・学会からのお知らせ

 

エモーション・スタディーズ(ES)特集企画・特別号企画の募集について

ESの発行に関する規程では,特集の企画は,編集委員会,学術プログラム委員会とともに,会員であればどなたでも提案することができます。(ES専用ページには,これまで発行された特集のリンク,規程も公開しておりますのでご参照ください。)原則的に毎年4月末を期限に企画案を募集しています。期日が近くなりましら募集要領を掲示しますので,ふるってご提案ください。
また,この度,定期発行分に加えて,ES特別号を発行することができるようになりました。ES特別号とは,会員が自ら特集を企画し,発行したいという場合に,必要な経費を負担していただくことで,その特集を発行できるようにするためのプラットフォームです。具体的には科学研究費等の研究成果やシンポジウム等の発表内容の公刊を念頭に置いています。ぜひ特別号もご活用ください。ES特別号に関するお問い合わせは,随時,学会事務局までご連絡ください。
参考(今年度の特集企画募集要領):http://jsre.wdc-jp.com/emotion.htm

ES編集委員会

第11回,12回日本感情心理学会セミナーが開催されます(2件とも情報を更新しました)

詳しくはこちら

「食物選択と嫌悪」に関する講演会のお知らせ

Moral factors in food choice and food attitudes: Sustainability, rejecting meat, and opposing genetically engineered food(食物選択,食物への態度に及ぼす道徳要因-肉を食べること/食べないこと,遺伝子組み換え食品への反発)
日時:12月6日(水)15:00-16:30
場所:広島修道大学 2103教室(2号館)
人間の食物選択と嫌悪感情に関する研究で著名なPaul Rozin教授(ペンシルバニア大学)が来日されます。
氏について、こちらをご参照ください。
学生対象の講演会ですが,学外の方もご参加いただけます。逐次翻訳はおこないません。
問い合わせ:広島修道大学 今田純雄 imada★shudo-u.ac.jp(★を@に変更してください)

公認心理士養成カリキュラムと国家試験に関する意見

日本感情心理学会は、日本学術会議心理学教育学委員会「心理学教育プログラム検討分科会」、同「健康・医療と心理学分科会」が合同で表明した「公認心理師養成カリキュラムと国家試験に関する考え方」(2016年11月20日)を強く支持します。

日本感情心理学会のシンボルデザインについて

本デザインの使用を希望される方は,学会事務局までお問い合わせください。

日本感情心理学会はTwitterを始めました。

https://twitter.com/jsre_pr
Twitterに登録している方は是非ともフォローしてください。
また、学会Twitterにて流したい情報等がございましたら、是非ともお寄せ下さい。

年会費のお支払いをお忘れなく

本学会は会員の皆様からの年会費で運営されております。年会費を未納の方は速やかにお支払いくださいますよう,お願いいたします。

■2010年3月 サイト移転しました。