エモーション・スタディーズ

ISSN:2189-7425

表紙
*オンデマンド印刷については、
事務局にお問い合わせください。

「エモーション・スタディーズ(Emotion Studies: ES)」発行のねらい

1.ESは,感情研究の促進と発展のための情報を提供する。
2.ESは,感情に関する研究を,学際的分野融合的研究とともに分野領域を問わず広く紹介する。
3.ESは,感情に関する最先端の研究,情報を紹介する。


創刊の挨拶

 感情研究の促進と発展のための情報提供,すなわち,学際的,分野融合的研究とともに,分野領域を問わず,最先端の感情研究を紹介し,感情研究に関する情報を発信・提供することを目的に,新しい機関誌ESを創刊いたしました。感情研究の広さ,深さ,面白さを再確認しつつ,社会に発信していくための機関誌・メディアとして育てていきたいと思います。
 細分化され,個別に読まれることの多くなった専門誌の論文としてだけではなく,一つのテーマを掲げ,総体として読むことにより,一層重要性を増す論文の集合体としての機関誌,手に取って順に読んでいくことの意味を感じてもらえるような紙面づくりを目指していきます。

バックナンバーをWEB上でご覧いただくことが出来ます。

→J-Stage

(参考)エモーション・スタディーズ(ES)第4巻特集企画募集について

ESは,一昨年に第1巻(特集テーマ:社会的共生と感情),昨年に第2巻(同:感情と社会性)が発行され,現在第3巻(同:感情研究の現在)の編集が進められているところです。
ESの発行に関する規程では,特集の企画は,編集委員会・学術プログラム委員会とともに,会員であればどなたでも提案することができます。
これを踏まえまして,ES第4巻につきましても,以下の要領で企画案を募集しますので,ふるってご提案くださいますよう,よろしくお願いいたします。

学術プログラム委員会

ES(第4巻) 特集企画募集要領

1.提案内容:以下の各項目をまとめ,pdfファイルでメール添付にてご提出ください。
(1)テーマ
(2)概要(400字以内)
(3)提案者氏名,所属,連絡先
(4)執筆候補者の氏名と論文の仮題目
(5)特集全体のおおよそのページ数
2.提案先
学会事務局 (jsre-post@bunken.co.jp)(@を半角にしてください)
3.締切
2017年4月末日
4.選考
5月中に,編集委員会・学術プログラム委員会による提案と合わせて,学術プログラム委員会で候補案を絞り,編集委員会によって審議決定します。必要に応じて,説明の追加をお願いすることがあります。
5.備考
採否の通知は,6月上旬を予定しています。なお,採択された提案についても,その内容等に関して調整をお願いする場合がありますので、予めご了承ください。
6.問い合わせ先
学会事務局(jsre-post@bunken.co.jp)(@を半角にしてください)

関連規程

→エモーション・スタディーズ(Emotion Studies)発行に関する規程
執筆投稿規程など,その他の規程については,感情心理学研究に関する規程をご確認ください。