日本感情心理学会のウェブサイトへようこそ   

 

日本感情心理学会について

日本感情心理学会は1992年に設立されました。英語名称は、Japan Society for Research on Emotionsです。感情研究に関心をもつ研究者が広く集う学会として設立されました。以来、心理学領域の研究者をはじめ、広く関連分野の方々とともに、活発な研究活動を展開して参りました。
機関誌として、設立時より「感情心理学研究」を、2015年からは「エモーション・スタディーズ(Emotion Studies:ES)」を刊行し、年次大会、セミナーを毎年開催しております。機関誌は2誌ともにJ-Stageによるオープン・アクセスとしており、掲載された論文、記事は、ウェブを通して即座に世界中の読者の検索対象になります。小規模学会にもかかわらず、定期的に、年間4号分(感情心理学研究3号、ES1号)の研究成果・情報公表の媒体を有していることが、この学会の一つの特徴となっています。
今後とも、会員間の信頼と研究交流をより一層高め、感情研究の成果と意義を社会に発信しつつ、さらなる発展を期したいと存じます。感情研究にご関心をおもちの、さまざまな分野、領域の方々が、数多くご入会されますことを願っております。

What's New ・・・学会からのお知らせ

 

日本感情心理学会第31回大会について

第31回大会の開催日程が決定いたしました。2023年5月26日(金)から28日(日)です。人間環境大学(松山道後キャンパス)(大会準備委員長:伊藤義徳先生)で開催されます。大会HPは近日公開予定です。

研究助成等の情報

・サッポロ生物科学振興財団2023年度研究助成の募集(2022年12月23日(金)応募締切)
詳細はこちらからご覧ください。

本年度の年会費の請求書をお送りしました

4月下旬に、本年度の年会費の請求書をお送りしました。本学会は会員の皆様からの年会費で運営されております。
年会費を未納の方は速やかにお支払いくださいますよう、お願いいたします。
なお、過年度の年会費が未納の方は、速やかにお支払いいただけますよう、重ねてお願いいたします。

エモーション・スタディーズ(ES)特集企画・特別号企画の募集について

ESでの特集の企画は、会員であればどなたでも提案することができます。 詳しくはこちらをご覧ください。
バックナンバーは、こちらからご覧いただけます。

機関誌

 

感情心理学研究 エモーション・スタディーズ
kanjyousinrigakukenkyuu emotionstadys