メールニュース

日本感情心理学会会員の皆様

******************************************************
 ・日本感情心理学会 ニューズレター
 ・No. 99 (2018年8月10日)
 ・発行/著作権:日本感情心理学会事務局
 ・問い合わせ先:jsre-post@bunken.co.jp
 ・担当:日本感情心理学会事務局 薊 理津子
******************************************************

【ヘッドライン】
 1. 大阪府北部を震源とする地震、平成30年7月豪雨等で被災された大学院生お
よび学生会員の方々への会費免除措置について
 2. 感情心理学研究25巻 優秀論文賞の受賞者のお知らせ
 3. 2018年度日本感情心理学会第26回大会のお知らせ
 4. 大会発表賞について
 5. 2019年度日本感情心理学会第27回大会のお知らせ
 6. エモーション・スタディーズ(ES)特集企画・特別号企画の募集について
 7. ISREオンラインセミナーの情報
 8. Emotion Review の情報
 9. International Society for Research on Emotion の情報
 10. European Philosophical Society for the Study of Emotions の情報
 11. Society for Affective Science の情報 
  
大阪北部地震ならびに平成30年7月豪雨に被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
日本感情心理学会では、被災された大学院生および学生会員の方々への会費免除措置を実施致します。
詳細は【1】をご覧下さい。
また、感情心理学研究第25巻の優秀論文賞の受賞者が決定致しましたので、【2】をご覧下さい。


感情心理学研究 最新号へのアクセス:Vol. 25(2017) 2号
原著,短報,資料論文がご覧いただけます。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jsre/-char/ja/

エモーション・スタディーズ公開サイトへのアクセス:
J-Stageで最新号vol.3(2017)No. 1がご覧いただけます。
学会HP (vol.2(2016)No. 1まで公開)
http://jsre.wdc-jp.com/emotion.htm
J-Stage (最新号vol.3(2017)No. 1まで公開)
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/ems/-char/ja/

日本感情心理学会Twitter
https://twitter.com/jsre_pr

日本学術会議「ニューズレター」
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/1bu/index.html

********************************************************* 
 【1】大阪府北部を震源とする地震、平成30年7月豪雨等で被災された大学院生お
よび学生会員の方々への会費免除措置について
********************************************************* 
この度の一連の災害で被災された皆様には、心からお見舞い申し上げます
とともに、一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

日本感情心理学会では、被災された会員の皆様の研究活動を微力ながらも
支援したいと考え、2018年度年会費の免除措置を実施することにいたしました。
免除者の範囲は、災害救助法適用地域に本人、あるいは家族が居住する大学院生
および学生会員で、会員本人のみではなく家計を支える方の被災も含まれます。

つきましては、2018年度年会費免除を希望される方は、2019年2月末日まで
に下記学会事務局へその旨ご連絡ください。また、自然災害は今後も様々な地域
で生じることが予想されますので、同様の被災状況と条件が該当する方は、随時
ご相談ください。なお、申請にあたり、被災状況証明書を求めることもあります。

今回の措置は2018年度会費に関するものですが、既に会費を納入済みの場
合は、お支払い頂いた金額を2019年度の年会費にあてさせていただきますので、
あらかじめご了承下さい。


日本感情心理学会 理事長 中村真

********************************************************* 
 【2】感情心理学研究25巻 優秀論文賞の受賞者のお知らせ 
********************************************************* 
編集委員会,理事会では,感情心理学研究第24巻の優秀論文賞の選考を行ってまいりま
したが,下記の論文を優秀論文賞として決定いたしました。

著者:伊里 綾子, 藤里 紘子, 山田 圭介, 大久保 智紗, 宮前 光宏, 寺島 瞳
区分:原著
掲載誌:25巻1号 1-11頁 
論文名:青年におけるBPD症状の重症度を捉えるJapanese version of Quick Evaluation of Severity
over Time(QuEST-J)の開発と信頼性・妥当性の検討

********************************************************* 
 【3】2018年度日本感情心理学会第26回大会のお知らせ 
********************************************************* 
第26回大会は,東洋大学白山キャンパス(戸梶亜紀彦大会委員長・金子迪宏事務局長)で開催されます。
大会テーマは,「感情研究の多様性」です。

1.大会までのスケジュール
研究発表の申込み締切が延長されました。
参加申込・発表申し込みは下記URLにアクセスし、手続きを行ってください。
URL: http://jsre.wdc-jp.com/conf/2018/application.html

研究発表申込み締め切り
8月14 日(火)24 時

参加申込に関わる入会申込み締め切り
8 月26 日(日)24 時

予約参加申し込み締め切り
9 月14 日(金)24 時

大会参加費等の納入期限
10 月2 日(火)24 時

大会発表賞選考対象抄録提出締め切り
10 月10 日(水)24 時

プレカンファレンス
11月9 日(金)

本大会
11月10 日(土)、11日(日)

抄録提出締め切り(大会発表賞選考対象者外)
11 月18 日(日)24 時


2.企画

・特別講演 
ミュージカル女優 沼尾みゆき 氏

・シンポジウム1
タイトル:感情の応用的研究-多様性を求めて
登壇者:押見大地 先生(東海大学)
     小林重人 先生(北陸先端科学技術大学院大学)
 杉谷陽子 先生(上智大学)
 各先生方には、それぞれスポーツ、地域、消費者の観点からご講演いただきます。

・シンポジウム2
タイトル:倫理で感情研究を豊かにする
話題提供者:田中恒彦 先生(新潟大学)
 池田功毅 先生(中京大学)
 佐藤 徳 先生(富山大学)
 指定討論者:中村 真 先生(宇都宮大学)

・プレカンファレンス(若手シンポジウム)
タイトル:今,改めて問う「感情とは何か」(2)
        ―感情の定義を創発しよう―
企画者:武藤世良(お茶の水女子大学)
       白井真理子(同志社大学)

******************************************************** 
 【4】大会発表賞について
********************************************************* 
第26回大会(東洋大学)では,大会1ヶ月前までに抄録を提出された
発表が大会発表賞の選考対象となります。抄録の電子ファイルを日本
感情心理学会第26回大会準備委員会のメイルアドレスまで奮って
ご送付ください(〆切厳守)。

提出期限:10月10日(水)24時
送付先メイルアドレス:jsre2018@gmail.com
(@を半角にしてください)

なお,大会発表賞選考対象外の通常の発表抄録提出〆切は 11 月18 日(日)24 時
となっております。詳しくは大会ウェブサイトをご覧ください。→
http://jsre.wdc-jp.com/conf/2018/

********************************************************* 
 【5】2019年度日本感情心理学会第27回大会のお知らせ
********************************************************* 
2019年度日本感情心理学会第27回大会は東海学園大学にて,6月下旬に開催する予定です。詳細が決まり
次第,追ってお伝えいたします。

********************************************************* 
 【6】エモーション・スタディーズ(ES)特集企画・特別号企画の募集について
********************************************************* 
ES誌の特集企画は,会員であればどなたでも提案することができます。(下記URLには,これまで発行さ
れた特集のリンク,規程も公開しておりますのでご参照ください。)毎年4月30日を期限に企画案を募集
しています。募集要領をご覧になった上で,ふるってご提案ください。
また,定期発行分に加えて,ES特別号を発行しています。ES特別号とは,会員が自ら特集を企画し,発行
したいという場合に,必要な経費を負担していただくことで,その特集を発行できるようにするためのプ
ラットフォームです。
具体的には科学研究費等の研究成果やシンポジウム等の発表内容の公刊を念頭に置いています。ぜひ特別
号もご活用ください。ES特別号についても「ES特集号に関する申し合わせ」をご覧になった上で,ふるっ
てご提案ください。問い合わせは,随時,学会事務局までご連絡ください。

参考:http://jsre.wdc-jp.com/emotion.htm

ES編集委員会

********************************************************* 
 【7】ISREオンラインセミナーの情報
*********************************************************
ISREのオンラインセミナーが7月と8月の毎週木曜日に開催されます。
既に初回7月5日のセミナーは終了しましたが,以降のセミナーについては登録の手続きを行えば,参加可
能です。
登録方法も含め,詳細は以下のリンク先にございますのでご覧ください。

REGISTRATION LINK: https://upenn.co1.qualtrics.com/jfe/form/SV_5myGe30orZk9Dcp

なお,セミナーのプログラムは以下の通りです。

・AUGUST 16, 3am PST/ 6am EST/ 11am CET/ 8pm AEST:
‘Moral Emotions & Emotions in Intergroup Settings’ by Professor Roger Giner-Sorolla, 
University of Kent

・AUGUST 23, 7am PST/ 10am EST/ 3pm CET/ 12am AEST:
‘Disorders of Emotional Communication’ by Professor Kenneth Heilman, University of 
Florida

・AUGUST 30, 7am PST/ 10am EST/ 3pm CET/ 12am AEST:
‘Gender & Emotion’ by Professor Agneta Fischer, University of Amsterdam & Professor 
Stephanie Shields, Pennsylvania State University

********************************************************* 
 【8】Emotion Review の情報
********************************************************* 
最新10巻2号(April, 2018)へのアクセス
http://emr.sagepub.com/content/current

1.特集について
会誌のEmotion Reviewの最新号ではLanguage and Emotionが特集されています。

2.会報について
会員になると,Emotion Researcherという,感情研究者にとって魅力的な記事がつまった会報がWebで
見れます。
ISRE's Sourcebook for Research on Emotion and Affectという欄では,新しくEmotions in 
Historyについて特集されています。
タイトルと筆者は以下の通りです。

Historicizing Emotions (Ute Frevert)
Old and New in the History of Emotions (Barbara H. Rosenwein and Riccardo Cristiani)
Emotions in History: The Beginnings (David Konstan)
On the Emotional Turn in the History of Early Modern Philosophy (Sean Greenberg)

読んでみたくなったら,会員になってみましょう!

********************************************************* 
 【9】 International Society for Research on Emotion の情報
********************************************************* 
ISRE2019はオランダ、Amsterdamで、2019年7月10日から13日の日程で開催されます。

2018年9月に発表申込みを含む、詳細な情報が公開される予定です。

詳細はISREのウェブサイトをご確認ください。

http://isre.org/

********************************************************* 
 【10】 European Philosophical Society for the Study of Emotions の情報
********************************************************* 
EPSSEは感情の哲学的研究の発展を目的とする学会です。
哲学とはいうものの,コンピュータサイエンス,社会学,心理学,神経科学,また,文学や教育学など学
際的な学会です。
EPSSEに関する詳細は以下のウェブサイトをご覧下さい。
https://www.epsse.org/

2018年6月にエストニアのTallinnで第5会大会が開催されした。
以下のウェブサイトで大会プログラムを見ることができます。
https://www.epsse.org/single-post/2018/05/27/Tallinn-2018-Program

********************************************************* 
 【11】Society for Affective Science の情報
********************************************************* 
2018 SAS Annual Conferenceはアメリカ, Los Angelesで、4月26日~28日にで開催されました。
アブストラクトがSASのウェブサイトで見ることができます。

次回大会の2019 SAS Annual Conferenceの日程は以下の通りです。

日時:March 21-23
場所:The Westin Boston Waterfront Hotel Boston, MA USAで開催されます。

詳細はSASのウェブサイトをご確認ください。

https://society-for-affective-science.org/

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★ニューズレター配信日:毎月10日
★記事掲載依頼受付期限:毎月5日
★情報提供者を募集しております!学会,研究会,どんな情報でも,会員
に寄与するものは,配信いたします。事務局までご連絡ください。
★現在事務局が把握している会員メールアドレスに一斉送信しております。
★学会Twitter(https://twitter.com/jsre_pr)を是非フォローしてください。
また、Twitterにて流したい情報等がございましたらご連絡ください。
★本メール受信にお心当たりのない方,メールアドレスの変更を希望さ
 れる方,登録解除をご希望の方は,ご面倒ですが下記のアドレスまでご
 連絡ください。
 jsre-post@bunken.co.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

/一覧へ戻る