メールニュース

日本感情心理学会会員の皆様

******************************************************
 ・日本感情心理学会 ニューズレター
 ・No. 95 (2018年4月10日)
 ・発行/著作権:日本感情心理学会事務局
 ・問い合わせ先:jsre-post@bunken.co.jp
 ・担当:日本感情心理学会事務局 薊 理津子
******************************************************

【ヘッドライン】
 1. 感情心理学研究Vol. 25(2017) No.1のオンラインのお知らせ
 2. エモーション・スタディーズ(ES)特集企画・特別号企画の募集について
 3. 2018年度日本感情心理学会第26回大会のお知らせ
 4. 学振育志賞について
 5. Society for Affective Science の情報
 6.European Philosophical Society for the Study of Emotions の情報 
 7. Emotion Review の情報 


新年度が始まり、皆様ご多忙のことと存じます。
さて、先日、感情心理学研究Vol.15(2017)1号がオンラインとなりました。
【1】に著者名、論文題目を示しておりますのでご覧下さい。


感情心理学研究 最新号へのアクセス:Vol. 25(2017) 1 号
原著,短報,資料論文がご覧いただけます。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jsre/-char/ja/

エモーション・スタディーズ公開サイトへのアクセス:
J-Stageで最新号vol.3(2017)No. 1がご覧いただけます。
学会HP (vol.2(2016)No. 1まで公開)
http://jsre.wdc-jp.com/emotion.htm
J-Stage (最新号vol.3(2017)No. 1まで公開)
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/ems/-char/ja/

日本感情心理学会Twitter
https://twitter.com/jsre_pr

日本学術会議「ニューズレター」
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/1bu/index.html


********************************************************* 
  【1】感情心理学研究Vol. 25(2017) No.1のオンラインのお知らせ
********************************************************* 
感情心理学研究Vol. 25(2017) No.1がオンラインとなりました。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jsre/-char/ja/
以下に著者および論文題目をお知らせ致します。

原著論文
著者:伊里 綾子, 藤里 紘子, 山田 圭介, 大久保 智紗, 宮前 光宏, 寺島 瞳
『青年におけるBPD症状の重症度を捉えるJapanese version of Quick Evaluation 
  of Severity over Time(QuEST-J)の開発と信頼性・妥当性の検討』

資料
著者:堀内 聡, 川乗 賀也, 小松 裕恵
『イルカの観察,イルカへのタッチ,およびイルカとの遊泳に伴う気分の変化』

著者:小澤 崇将, 長谷川 晃
『自己反すうと自己内省が社交不安に及ぼす影響─4週間の間隔を空けた縦断的検討─』

********************************************************* 
 【2】エモーション・スタディーズ(ES)特集企画・特別号企画の募集について
********************************************************* 
ESの発行に関する規程では,特集の企画は,編集委員会,学術プログラム委員会とともに,
会員であればどなたでも提案することができます。(ES専用ページには,これまで発行
された特集のリンク,規程も公開しておりますのでご参照ください。)4月30日を期限に
企画案を募集しています。募集要領をご覧になった上で,ふるってご提案ください。
また,この度,定期発行分に加えて,ES特別号を発行することができるようになりました。
ES特別号とは,会員が自ら特集を企画し,発行したいという場合に,必要な経費を負担し
ていただくことで,その特集を発行できるようにするためのプラットフォームです。
具体的には科学研究費等の研究成果やシンポジウム等の発表内容の公刊を念頭に置いて
います。ぜひ特別号もご活用ください。ES特別号についても「ES特集号に関する申し合わ
せ」をご覧になった上で,ふるってご提案ください。問い合わせは,随時,学会事務局
までご連絡ください。

参考(今年度の特集企画募集要領・ES特集号に関する申し合わせ):
http://jsre.wdc-jp.com/emotion.htm

ES編集委員会

********************************************************* 
 【3】2018年度日本感情心理学会第26回大会のお知らせ 
********************************************************* 
第26回大会は,東洋大学白山キャンパス(戸梶亜紀彦大会委員長・金子迪宏事務局長)で
開催されます。
会期は11月を予定しております。
具体的な日程等につきましては,4月中旬をめどに,大会事務局から直接お知らせする
予定です。

********************************************************* 
 【4】学振育志賞について
********************************************************* 
日本学術振興会より育志賞の推薦募集がありました。学会として推薦できる方が
いらっしゃれば,ご推薦いただければ幸いです。その後,詳しい手続きを申し上げます。
4月末日まで,下記の学会事務局までご連絡ください。
メール:jsre-post@bunken.co.jp

詳しくは,下記のHPをご覧ください。
https://www.jsps.go.jp/j-ikushi-prize/gaiyo.html

********************************************************* 
 【5】Society for Affective Science の情報
********************************************************* 
2018 SAS Annual Conferenceの日程

日時:April 26-28
場所:UCLA Luskin Conference Center, Los Angeles, California USA

詳細はSASのウェブサイトをご確認ください。

https://society-for-affective-science.org/

********************************************************* 
 【6】 European Philosophical Society for the Study of Emotions の情報
********************************************************* 
EPSSEは感情の哲学的研究の発展を目的とする学会です。
哲学とはいうものの、コンピュータサイエンス、社会学、心理学、神経科学、また、
文学や教育学など学際的な学会です。
EPSSEに関する詳細は以下のウェブサイトをご覧下さい。
https://www.epsse.org/

2018年6月に第5会大会が開催されますので、ご関心がある方は参加しては如何でしょうか。

日時:June 13-15
場所:Tallinn, Estonia

大会に関する情報は以下のウェブサイトをご覧下さい。
https://www.epsse.org/future-activities

********************************************************* 
 【7】Emotion Review の情報
********************************************************* 
最新10巻1号(January, 2018)へのアクセス
http://emr.sagepub.com/content/current

1.特集について
会誌のEmotion Reviewの最新号ではHealth and Emotionが特集されています。

2.会報について
会員になると,Emotion Researcherという,感情研究者にとって魅力的な記事がつまった
会報がWebで見れます。
ISRE's Sourcebook for Research on Emotion and Affectという欄では,新しくEmotions 
in Historyについて特集されています。
タイトルと筆者は以下の通りです。

Historicizing Emotions (Ute Frevert)
Old and New in the History of Emotions (Barbara H. Rosenwein and Riccardo Cristiani)
Emotions in History: The Beginnings (David Konstan)
On the Emotional Turn in the History of Early Modern Philosophy (Sean Greenberg)

読んでみたくなったら,会員になってみましょう!


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★ニューズレター配信日:毎月10日
★記事掲載依頼受付期限:毎月5日
★情報提供者を募集しております!学会,研究会,どんな情報でも,会員
に寄与するものは,配信いたします。事務局までご連絡ください。
★現在事務局が把握している会員メールアドレスに一斉送信しております。
★学会Twitter(https://twitter.com/jsre_pr)を是非フォローしてください。
また、Twitterにて流したい情報等がございましたらご連絡ください。
★本メール受信にお心当たりのない方,メールアドレスの変更を希望さ
 れる方,登録解除をご希望の方は,ご面倒ですが下記のアドレスまでご
 連絡ください。
 jsre-post@bunken.co.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

/一覧へ戻る