メールニュース

日本感情心理学会会員の皆様


******************************************************
 ・日本感情心理学会 ニューズレター
 ・No. 89 (2017年10月20日)
 ・発行/著作権:日本感情心理学会事務局
 ・問い合わせ先:jsre-post@bunken.co.jp
 ・担当:日本感情心理学会事務局 薊 理津子
******************************************************

【ヘッドライン】
 1. 畑山俊輝先生の名誉会員推戴について
 2.「感情研究と歴史学」関連セミナーのご案内
 3. 第11回日本感情心理学会セミナー(感情と歴史)開催のご案内
 4. 第12回日本感情心理学会セミナー(社会的共生と排斥行動)開催のご案内
 5. 2018年度日本感情心理学会第26回大会のお知らせ
 6.エモーション・スタディーズ(ES)特集企画募集について
 7.サッポロ生物科学振興財団2018年度研究助成の募集
 8. Emotion Review の情報
 9. International Society for Research on Emotion の情報
 10. Society for Affective Science の情報

前回のニューズレターでもご案内したセミナー「感情と歴史」(11月開催・名古屋大学)
と関連するセミナーが,10月に東洋大学で開催されます。
感情と歴史にご関心がある方は,11月開催のセミナー「感情と歴史」と合わせて,参加し
ては如何でしょうか。
10月に東洋大学で開催されるセミナーの詳細は【2】に,11月に名古屋大学で開催される
セミナーの詳細は【3】をご覧下さい。


感情心理学研究 最新号へのアクセス:Vol. 24(2016) No. 3
原著,短報,資料論文がご覧いただけます。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jsre/-char/ja/

エモーション・スタディーズ公開サイトへのアクセス:
学会HPおよびJ-Stageで最新号vol.2(2016)No. 1がご覧いただけます。
学会HP
http://jsre.wdc-jp.com/emotion.htm
J-Stage
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/ems/-char/ja/

日本感情心理学会Twitter
https://twitter.com/jsre_pr

日本学術会議「ニューズレター」
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/1bu/index.html

********************************************************* 
 【1】畑山俊輝先生の名誉会員推戴について
*********************************************************  
2017年度理事会において,畑山俊輝先生の名誉会員推戴が決定されました。
畑山先生は、本学会設立にご尽力いただくととともに,長年にわたり,
常任理事として学会運営に貢献されました。改めまして,先生の本学会への
ご貢献に敬意を表し,心よりお礼を申し上げます。

理事長 中村真

********************************************************* 
 【2】「感情研究と歴史学」関連セミナーのご案内
*********************************************************  
東洋大学井上記念研究助成により,10月末にジョン・ウォルタ氏
(Prof John Walter、エセックス大学名誉教授)が来日されます。
氏は,16~17世紀イギリスの民衆暴力,騒擾から,ジェスチャーの
歴史まで,政治史,社会史,文化史の幅広い分野で活躍されてきました。

氏のこれまでのお仕事を反映し,(1)革命史再考および(2)社会史再考
をテーマとするセミナーを下記のように開催いたします。
さらに,11/7(火)には,ポリティカル・エコノミー研究会(東京大学)にて,
(3)氏の歴史研究者としてのキャリアを振り返るインフォーマルな催しも
予定されています。

セミナーはすべて事前登録不要ですが,(1)(2)の懇親会参加をご希望の方は,
会場手配の都合上,10/22までに下記までご一報ください。
東洋大学人間科学総合研究所(後藤、渡辺)

なお,10/28には同時来日する(4)ブロンウェン・ウォルタ氏
(Prof. Bronwen Walter,アングリア・ラスキン大学名誉教授,
アイリッシュ・ディアスポラ研究,女性史。名古屋市立大学奥田伸子氏による
招聘)のセミナーが並行開催されます。
懇親会は合同で開催いたします。


(1)10/28(土)14:00~17:30
 東洋大学(白山)6号館2階6202教室
 <「民」と革命--17世紀イギリス史再考・1>
  Prof. John Walter, "Crowds and Popular Politics in the English
   Revolution: Recovering Agency"
  コメント:那須敬氏(国際基督教大学)
※更新情報は、以下のサイトに随時掲示します。
 https://www.toyo.ac.jp/site/ihs/
 https://www.facebook.com/toyo.ihs/

(2)10/29(土)13:00~17:00
 東洋大学(白山)10号館3階A301教室
 <社会史再考・1>
  Prof. John Walter
    "Beyond Disciplinary Boundaries: The New Social History and
    Political Culture in Early Modern England"
  Prof. Osamu Saito(斎藤修氏、一橋大学名誉教授、日本学士院)
     "Local Population Listings, Comparative History, and the Cambridge
     Group: A Personal Recollection"
  コメント:高橋基泰氏(愛媛大学)
  特別ゲスト:ギヨーム・カレ氏(EHESS)

(3)11/7(火)18:30~20:00頃	
 東京大学(本郷)小島ホール2階 第3セミナー室
 Prof. John Walter, "Reflections on My  Career as a Historian’
 https://politicaleconomyseminar.wordpress.com/

(4)ブロンウェン・ウォルタ教授来日セミナー
10/28(土)14:00~17:30
 東洋大学(白山)6号館2階 6203教室に決定
<Irish in Britain, Koreans in Japan:  A Comparative Perspective>

********************************************************* 
 【3】第11回日本感情心理学会セミナー(感情と歴史)開催のご案内
*********************************************************  
テーマ:「感情と歴史」

企画趣旨:感情心理学は,現在の人間における感情の特性やメカニズムの
分析を行っている。一方,進化心理学は,人間の感情は先験的に与えられ
たものではなく,生物学的な進化の原理によって現在あるような姿に創造
されてきたことを示してきた。進化心理学が有史以前の人間の祖先を対象
とするのに対して,歴史学において感情史という研究分野が確立され,
感情を含む我々の精神性は,歴史と共に形成されてきたことが明らかに
されつつある。こうした感情史の研究は,感情心理学のみならず,感情に
関する諸研究分野に極めて有益で刺激的な視座を提供する。そこで,
本セミナーは,我が国における感情史の代表的な研究者に,感情史研究の
概説と事例を紹介していただき,それらを思想史と心理学の立場から検討
することによって,歴史的視点から感情を考察することの重要性を浮き彫
りにすることを目的としている。

演者:
講演者1.森田直子(立正大学:歴史学)「歴史学と感情」
講演者2.伊東剛史(東京外国語大学:歴史学)「ダーウィンと「動物の
         痛み」ー感情史研究の一事例として」
指定討論者1.中村靖子(名古屋大学:ドイツ文学・思想史)
指定討論者2.大平英樹(名古屋大学:心理学)

日時:2017年11月25日(土)13:30-18:00
終了後,学内で懇親会を行う。

会場:名古屋大学東山キャンパス 全学教育棟 SIS4

交通アクセス:
地下鉄名城線名古屋大学駅下車すぐ
http://www.nagoya-u.ac.jp/access/index.html

参加費:無料(懇親会別途)

********************************************************* 
 【4】第12回日本感情心理学会セミナー(社会的共生と排斥行動)開催のご案内
*********************************************************  
テーマ:「社会的共生と排斥行動II:嫌悪はなぜ拡散するか?(仮)」

企画趣旨: ヘイトスピーチに代表される社会的排斥行動が発生するメカニズムを,
特に嫌悪感情に焦点を当てて解明することにより,効果的な対応策の立案に結び
つけることを目指す。
昨年度のセミナーでは,ヘイトスピーチの現場からの報告を交えて問題提起を行ったが,
今回は,「嫌悪がなぜ拡散するのか」という問題意識から,ソーシャルメディアによる
排斥的情報の伝搬,排斥行動の第三者による容認,排斥行動の適応的役割についての
話題提供をいただき,嫌悪感情との関連,行動免疫学等の観点から検討する。

司会:中村真(宇都宮大学)
話題提供者・タイトル: 
三浦麻子(関西学院大学)「ソーシャルメディアによる排斥的情報の伝播と社会的
                           影響(仮)」
岩佐和典(就実大学) 「外集団に対する排斥的態度の形成(仮)」
河野和明(東海学園大学)「排斥の適応論と現代日本人のヘイト対象について(仮))」
指定討論:今田純雄(広島修道大学)・佐藤徳(富山大学)

日時:2017年12月16日(土) 午後(スケジュールの詳細は、追って連絡します)

会場:同志社大学今出川キャンパス 至誠館2番教室

交通アクセス:
地下鉄烏丸線「今出川」駅から徒歩1分
京阪電車「出町柳」駅から徒歩15分
バス停「烏丸今出川」から徒歩1分
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html

参加費:無料(懇親会別途)

共催:科研費基盤(B)「嫌悪とヘイトスピーチ:排斥行動の内的過程解明とその予防
                        に資する基礎的研究」(代表者:中村真)

問合せ:宇都宮大学国際学部 中村真 nakamura@cc.utsunomiya-u.ac.jp


********************************************************* 
 【5】2018年度日本感情心理学会第26回大会のお知らせ 
********************************************************* 
第26回大会は,東洋大学白山キャンパス(戸梶亜紀彦大会委員長)で開催されます。
会期は11月を予定しております。

********************************************************* 
 【6】エモーション・スタディーズ(ES)特集企画募集について
********************************************************* 
ESの発行に関する規程では,特集の企画は,編集委員会,学術プログラム委員会とともに,
会員であればどなたでも提案することができます。(ES専用ページには,これまで発行
された特集のリンク,規程も公開しておりますのでご参照ください。)原則的に毎年
4月末を期限に企画案を募集しています。期日が近くなりましら募集要領を掲示しますので,
ふるってご提案ください。
また,この度,定期発行分に加えて,ES特別号を発行することができるようになりました。
ES特別号とは,会員が自ら特集を企画し,発行したいという計画がある場合,必要な経費を
負担していただくことで,その特集を発行することができるようにするためのプラット
フォームです。特別号もご活用ください。ES特別号に関するお問い合わせは,随時,学会事務局
までご連絡ください。

参考(今年度の特集企画募集要領):http://jsre.wdc-jp.com/index.html

ES編集委員会

********************************************************* 
 【7】サッポロ生物科学振興財団2018年度研究助成の募集
********************************************************* 
要綱
1.タイトル : サッポロ生物科学振興財団2018年度研究助成の募集

2.団体名 : 公益財団法人サッポロ生物科学振興財団

3.公募対象研究分野:食品に関する以下の4分野を対象とする
 1)消費者を知る
 『味の認知』・『おいしさ』・『購買行動』に関連した人間の感覚知覚・認知・
行動過程の一般法則を、心理学的実験や調査データの統計学的処理によって、
科学的に明らかにすることを目指す調査 ・研究

 2)「おいしさ」を探す
食の3機能(栄養機能、嗜好・食感機能、健康機能・生体調節機能)に
関する食品素材、成分、加工品、副産物等の調査・研究

3)「おいしさ」をつくる
微生物や植物の育種、制御、あるいは食品加工技術の開発等を通じた、
食素材や食品の新たなおいしさの創出や、効率的・安定的生産に関する
調査・研究

 4)「おいしさ」を保証する
食品原料の生産、加工、販売、消費者による調理、保存、飲食に至る過程に
おいて、食の安全性を脅かすリスク要因の解明とその制御に関する調査・研究

4.金額及び件数 : 70万円/件×6件

5.公募期間 : 11月1日(水)~12月25日(月)(必着)

6.情報掲載先 (下記の情報は2017年版です。2018年版には10月23日から変更の
                予定です):
 http://www.sapporoholdings.jp/foundation/koubo/index.html
 

********************************************************* 
 【8】Emotion Review の情報
********************************************************* 
最新9巻3号(July, 2017)へのアクセス
http://emr.sagepub.com/content/current

1.特集について
会誌のEmotion Reviewの最新号ではPositive Emotionsが特集されています。

2.会報について
会員になると,Emotion Researcherという,感情研究者にとって魅力的な記事が
つまった会報がWebで見れます。
ISRE's Sourcebook for Research on Emotion and Affectという欄では,
新しくUnderstanding Empathyについて特集されています。
タイトルと筆者は以下の通りです。

Recent work in the philosophy of empathy (Derek Matravers)
Empathy and its Development: What is Missing? (Alexandra Main)
The Therapeutic Effects of Empathy in Healthcare (Jodi Halpern)


読んでみたくなったら,会員になってみましょう!

********************************************************* 
 【9】 International Society for Research on Emotion の情報
********************************************************* 
ISRE2017はアメリカ,St. Louisで、2017年7月26日から29日の日程で開催されました。
次回大会のスケジュールが決まりましたら、お知らせいたします。

詳細はISREのウェブサイトをご確認ください。

http://isre.org/

********************************************************* 
 【10】Society for Affective Science の情報
********************************************************* 
2018 SAS Annual Conferenceの日程

日時:April 26-28
場所:UCLA Luskin Conference Center, Los Angeles, California USA

アブストラクト提出の締切は,2017年11月17日です。
オンライン上での受付が開始されました。

詳細はSASのウェブサイトをご確認ください。

https://society-for-affective-science.org/

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★情報提供者を募集しております!学会,研究会,どんな情報でも,会員
に寄与するものは,配信いたします。事務局までご連絡ください。
★現在事務局が把握している会員メールアドレスに一斉送信しております。
★学会Twitter(https://twitter.com/jsre_pr)を是非フォローしてください。
また、Twitterにて流したい情報等がございましたらご連絡ください。
★本メール受信にお心当たりのない方,メールアドレスの変更を希望さ
 れる方,登録解除をご希望の方は,ご面倒ですが下記のアドレスまでご
 連絡ください。
 jsre-post@bunken.co.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

/一覧へ戻る