メールニュース

日本感情心理学会会員の皆様

******************************************************
 ・日本感情心理学会 ニューズレター
 ・No. 86 (2017年7月24日)
 ・発行/著作権:日本感情心理学会事務局
 ・問い合わせ先:jsre-post@bunken.co.jp
 ・担当:日本感情心理学会事務局 薊 理津子
******************************************************

【ヘッドライン】
 1. 委員会等組織改編について
 2. エモーション・スタディーズ(ES)特別号の発行について
 3. 第24回大会発表論文集のJ-Stage公開の通知
 4.2018年日本感情心理学会第26回大会のお知らせ
 5.公認心理師関連の情報
 6. Emotion Review の情報
 7. International Society for Research on Emotion の情報
 8. Society for Affective Science の情報

感情心理学会では学会活性のために様々な取り組みを行っております。
6月に同志社大学で第25回大会が開催された際には、コーヒーセッション
などの新しい試みがなされました。
また、更なる試みとして、エモーション・スタディーズにおいて特別号を
発行することができるようになりました。
詳細については【2】をご覧下さい。


感情心理学研究 最新号へのアクセス:Vol. 24(2016) No. 3
原著,短報,資料論文がご覧いただけます。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jsre/-char/ja/

エモーション・スタディーズ公開サイトへのアクセス:
学会HPおよびJ-Stageで最新号vol.2(2016)No. 1がご覧いただけます。
学会HP
http://jsre.wdc-jp.com/emotion.htm
J-Stage
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/ems/-char/ja/

日本感情心理学会Twitter
https://twitter.com/jsre_pr

日本学術会議「ニューズレター」
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/1bu/index.html

********************************************************* 
 【1】委員会等組織改編について 
********************************************************* 
 本学会の活動を活性化し、運営を安定的に進めていくために、数年来、
 各種発表賞の新設、学術プログラム委員会、倫理委員会の設置、新機関誌
 エモーション・スタディーズ(ES)の創刊など、さまざまな新しい試みと
 対応のための組織の設置を進めてまいりました。その反面、組織間の役割
 分担などが分かりにくくなるなどの状況が出てきましたので、組織運営を、
 これまで以上に効率的で、公共性の高いものにしていくために、昨年度より、
 時間をかけて、委員会組織の関係や役割の整理と見直しを進めてまいりました。
 先の年次大会での理事会において、組織改編とそれに伴う諸規程の主要な
 改正が承認されましたので、主な改正点をご報告いたします。新しい規程等
 につきましては、準備が整い次第、徐々にHPに記載していきますので、ご確認
 ください。

I.学術プログラム委員会
  年次大会、セミナー実施、出版企画等、学会の学術的活動を担う。
  この度、セミナー担当、出版担当に加えて、大会担当を新設。
  大会担当には、一言英文理事が就任。

II.機関誌刊行委員会
 (1)これまでの編集委員会を感情心理学研究編集委員会とし、新たに、
    ES編集委員会を設置した。
  感情心理学研究編集委員会: これまでの編集委員会の組織をそのまま移行。
     成田健一編集委員長、鈴木敦命副委員長、有光興記事務局長の運営体制。
  ES編集委員会: 河野和明編集委員長、関谷大輝副委員長の運営体制。
     編集委員は、特集担当者と若干名を加える。
 (2)両者をまとめる委員会として、機関誌刊行委員会を設置した。
  統括責任者を置き、副理事長が兼任。

III.倫理委員会
  倫理的問題の処理手続きに関する規程を策定した。
  委員長を伊藤義徳常任理事とし、副委員長は副理事長が兼任。

********************************************************* 
 【2】エモーション・スタディーズ(ES)特別号の発行について
********************************************************* 
 感情研究の促進と発展のための情報提供のメディアとして、学際的、
分野融合的研究とともに、分野領域を問わず、最先端の感情研究を紹介し、
感情研究に関する情報を発信・提供することを目的にESを創刊しました。
現在、「感情研究の現在」を特集した、第3巻の編集も大詰めです。
 この度、各年度に1号の定期発行分に加えて、ES特別号を発行することが
できるようにしましたので、お知らせいたします。ES特別号とは、会員が
自ら特集を企画し、発行したいという計画がある場合、必要な経費を負担
していただくことで、その特集を発行することができるようにするための
プラットフォームです。詳しい要領については後日HPに掲載しますが、
是非、この特別号をご活用ください。
 ES特別号に関するお問い合わせは、随時、学会事務局までご連絡ください。

********************************************************* 
 【3】第24回大会発表論文集のJ-Stage公開の通知
********************************************************* 
昨年、筑波大学で開催された第24回大会の発表論文集がJ-Stageにて
公開されました。

https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jsre/24/Supplement/_contents/-char/ja/

********************************************************* 
 【4】2018年日本感情心理学会第26回大会のお知らせ 
********************************************************* 
第26回大会は、東洋大学(戸梶亜紀彦委員長)で開催されます。
会期は11月を予定しております。

********************************************************* 
 【5】公認心理師関連の情報
********************************************************* 
以下の公認心理師関連情報が日本心理学諸学会の公式ホームページに
掲載されています。
  
・日心連社員総会 質疑応答の要点(公認心理師に関するQ&A)
・公認心理師科目 英語表記

https://jupa.jp/

********************************************************* 
 【6】Emotion Review の情報
********************************************************* 
最新9巻2号(April, 2017)へのアクセス
http://emr.sagepub.com/content/current

1.特集について
会誌のEmotion Reviewの最新号ではMixed Emotionsが特集されています。

2.会報について
会員になると,Emotion Researcherという,感情研究者にとって魅力的な
記事がつまった会報がWebで見れます。
ISRE's Sourcebook for Research on Emotion and Affectという欄では,
新しくEmotions and Politicsについて特集されています。
タイトルと筆者は以下の通りです。

How Affective Intelligence Theory Can Help Us Understand Politics 
(George E. Marcus)
Politics Makes Us Mean and Dumb (Jason Brennany)
The Use and Consequences of Emotions in Politics (Kathleen Searles 
& Travis N. Ridout)
Fear and Loathing in a Post 9/11 World (Samuel Justin Sinclair, 
Matthew Ciccone, Kelly Main, Gabrielle Arroyo, Olivia Kolodziejczak,
 Holly Dulaney, David Barbosa, & Jennifer Sheets)

読んでみたくなったら,会員になってみましょう!

********************************************************* 
 【7】 International Society for Research on Emotion の情報
********************************************************* 
ISRE2017はアメリカ、St. Louisで、2017年7月26日から29日の日程で開催
されます。

詳細はISREのウェブサイトをご確認ください。

http://isre.org/

********************************************************* 
 【8】Society for Affective Science の情報
********************************************************* 
2018 SAS Annual Conferenceの日程

日時:April 26-28
場所:UCLA Luskin Conference Center, Los Angeles, California USA

アブストラクト提出の締切は、2017年11月17日です。
9月下旬より、オンライン上での受付開始を予定しています。

詳細はSASのウェブサイトをご確認ください。

https://society-for-affective-science.org/

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★情報提供者を募集しております!学会,研究会,どんな情報でも,会員
に寄与するものは,配信いたします。事務局までご連絡ください。
★現在事務局が把握している会員メールアドレスに一斉送信しております。
★学会Twitter(https://twitter.com/jsre_pr)を是非フォローしてください。
また、Twitterにて流したい情報等がございましたらご連絡ください。
★本メール受信にお心当たりのない方,メールアドレスの変更を希望さ
 れる方,登録解除をご希望の方は,ご面倒ですが下記のアドレスまでご
 連絡ください。
 jsre-post@bunken.co.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

/一覧へ戻る