メールニュース

日本感情心理学会会員の皆様

 ******************************************************
 ・日本感情心理学会 ニューズレター
 ・No. 74 (2016年7月13日)
 ・発行/著作権:日本感情心理学会事務局
 ・問い合わせ先:jsre-post@bunken.co.jp
 ・担当:日本感情心理学会事務局 薊 理津子
******************************************************

【ヘッドライン】
 1. 新理事長からのご挨拶
 2. 新役員体制について
 3. 2017年日本感情心理学会第25回大会のお知らせ  
 4. 平成28年熊本地震で被災した大学院生および学生会員の
    年会費免除について(再)
 5. Emotoin Review の情報
 6. Society for Affective Science の情報 
 7.【訂正】国際比較文化心理学会(IACCP)2016年大会: 
   「一日参加」募集

第24回大会では懇親会会場にて学会シンボル・デザインの開票
が行われ、学会にとって「世紀の瞬間」となりました。
また、この大会中に新役員体制が発足されました。
新理事長よりご挨拶を頂いておりますので【1】をご覧ください。
新役員体制については【2】をご覧ください。


感情心理学研究 最新号へのアクセス:Vol. 23(2015) No. 2
原著,短報,資料論文がご覧いただけます。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jsre/-char/ja/

エモーション・スタディーズ公開サイトへのアクセス:vol.1(2015)No. 1
http://jsre.wdc-jp.com/emotion.htm

日本学術会議「ニューズレター」
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/1bu/index.html


********************************************************* 
 【1】新理事長からのご挨拶
********************************************************* 
6月に筑波大学で開催された年次大会時の理事会において、理事長に選出され
ました、中村です。どうぞよろしくお願いします。
 再選という形になりましたのは、これまでの3年間に行ってきたいくつかの
改革(発表賞等の研究奨励賞の創設、機関誌の電子化、エモーション・スタ
ディーズの発行、財政状況改善のための対応、ニューズレターの定期的発行、
HPの改善など)について、一定のご理解をいただき、それをしっかりした形
あるものとしていくことを求められたものと理解いたしております。
これから3年間の任期を、本学会の足固めとさらなる発展のための準備期間
と定めて、与えられた役割を果たしていきたいと思います。
 当面の具体的な課題としましては、もうすぐ決定される学会のシンボル
デザインも活用しつつ、感情研究の面白さをもっと外に発信し、私たちの研
究成果や学会活動に気づいてもらう、見てもらうための働きかけを強めてい
く必要があると考えています。年次大会では、小規模学会の良さを生かして
テーマを設定して、参加者全員で楽しみつつ学ぶような状況が生まれつつあ
るように思います。また、エモーション・スタディーズは、広く感情研究を紹介
することを目指すものですが、会員のみなさまからの積極的な企画提案も受け
付けていますし、科研費の研究成果を公表する場としても考えられると思いま
す。是非、自分たちの研究を発信するメディアとして活用していただきたいと
思います。
 3年前には、所属していることが誇らしい学会にしたいと申しましたが、同様
に、所属する価値のある学会にしていくことを念頭に、理事会メンバーのみな
さまと協力し、学会の運営に当たっていきたいと思います。あらためまして、ど
うぞよろしくお願いします。

理事長 中村真

*********************************************************
 【2】日本感情心理学会 新役員体制(2016年~2018年大会)
*********************************************************
第1回理事会において,選挙の結果集計が行われ,理事長,常任理事が選任さ
れました。
次いで第2回の理事会で以下の通り新役員が選任されました。役員の任期は
3 年になります。
括弧内は担当等です。

理事長 中村 真 宇都宮大学
副理事長 湯川進太郎 筑波大学
事務局長 樋口匡貴 上智大学(出版WG)
常任理事 有光興記 駒澤大学(編集事務局,出版WG)
常任理事 伊藤義徳 琉球大学 (倫理委員長)
常任理事 岩永 誠 広島大学 (倫理委員会担当)
常任理事 大平英樹 名古屋大学 (学術プログラム委員長)
常任理事 澤田匡人 宇都宮大学 (出版WG担当)
常任理事 北村英哉 関西大学 (学術プログラム委員会担当)
常任理事 佐藤 徳 富山大学 (学術プログラム委員会担当)
常任理事 成田健一 関西学院大学(編集委員長)
理事  阿部恒之 東北大学 (広報WG代表)
理事 薊 理津子 江戸川大学 (事務局・メールニューズ担当)
理事 内山伊知郎 同志社大学 (出版WG代表)
理事 河野和明 東海学園大学
理事 佐藤健二 徳島大学
理事 鈴木敦命 名古屋大学 (編集副委員長)
理事 戸梶亜紀彦 東洋大学
理事 一言英文 京都大学
理事 藤井 勉 長崎大学 (事務局・HP担当)
理事 余語真夫 同志社大学
監事  伊波和恵 東京富士大学
監事  谷口高士 大阪学院大学
顧問  鈴木直人 同志社大学
顧問  荘厳舜哉 京都光華女子大学
顧問  大坊郁夫 東京未来大学

********************************************************* 
 【3】 2017年日本感情心理学会第25回大会のお知らせ 
********************************************************* 
第25回大会は,同志社大学(鈴木直人大会委員長)で開催されます。
会期は2017年6月24日(土),25日(日)です。

********************************************************* 
 【4】平成28年熊本地震で被災した大学院生および学生会員の
       年会費免除について(再)
********************************************************* 
平成28年熊本地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

本会では被災をされた大学院生および学生会員の支援策として、2016
年度年会費免除を理事会において決定いたしました。
免除者の範囲は、災害救助法適用地域に本人、あるいは家族が居住する
大学院生および学生会員で、会員本人のみではなく、家計を支える方の
被災も含まれます。
すなわち父母などの家計支持者が被災され亡くなられたり、家計支持者
あるいは会員自身が負傷された場合、あるいは家屋が損壊し、生活に困
難をもつ大学院生および学生会員が対象です。
申請にあたり、被災状況証明書を求めることもあります。

このことは、人道的な観点から行われるもので、ささやかですが、感情
心理学を共に学び、探究する会員への支援です。
なお、この支出に対しては寄附により財政的な補填を行い、財政負担に
ならないようにします。
つきましては、2016年度年会費免除を希望される方は、2017年2月末日
までに下記学会事務局へその旨ご連絡ください。

理事長 中村真

日本感情心理学会事務局 
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
TEL: 03-5389-6643  FAX: 03-3368-2822
担当:翠川・木崎

********************************************************* 
 【5】Emotoin Review の情報
********************************************************* 
最新8巻3号(July, 2016)へのアクセス
http://emr.sagepub.com/content/current

会誌のEmotion Reviewの特集について,Videoで紹介されています。
Emotion Review Video Abstracts
NEW: A special section in Emotion Review on Emotion and the Law
http://emr.sagepub.com/site/video/emr_abstracts.xhtml

会員になると,Emotion Researcherという,感情研究者にとって魅力的な
記事がつまった会報がWebで見れます。
ISRE's Sourcebook for Research on Emotion and Affectという欄では,
新しくLoveについて特集されています。
タイトルと筆者は以下の通りです。

Passionate Love: The Forgotten Emotion (Elaine Hatfield and Richard Rapson)
Neural Markers of Interpersonal Attraction: A Possible New Direction for
 Couples Therapy (Stephanie Cacioppo)
Brain Circuits for Parental Behavior and Love, with Implications for 
Other Social Bonds (Michael Numan)
Does True Love Need To Be Unconditional? (Berit Brogaard)
読んでみたくなったら,会員になってみましょう!

ご関心を持たれた方は,感情の国際学会に参加してはどうでしょう。
前回は昨年7月にスイスのジュネーブで開催されました(http://www.isre2015.org/)。
次回は2017年に開催される予定ですので、時おりISREのウェブサイトをご確認ください。
http://isre.org/

********************************************************* 
 【6】Society for Affective Science の情報
********************************************************* 
2017 SAS Annual Conferenceの日程
日時:April 27-29
場所:Westin Waterfront Hotel, Boston, Massachusetts USA

2016年の大会は終了しました。
来年は上記の日程で開催される予定ですので、SASのウェブサイトをご確認ください。

https://society-for-affective-science.org/

*********************************************************
【7】【訂正】国際比較文化心理学会(IACCP)2016年大会: 「一日参加」募集
*********************************************************
※ IACCPの「一日参加」に関して先日お送りしたメールには、誤った情報が含まれて
おりました。誠に申し訳ございません。先日のメールは破棄していただき、本メールを
ご覧いただけましたら幸いです。ご迷惑をお掛けします。

間もなく、International Association for Cross-Cultural Psychology(国際比較
文化心理学会)の大会が名古屋で開催されます。本大会では、日本感情心理学会を
含む一部の国内学会の会員様に限り、一日だけ参加費1万円でご参加いただける
「一日参加」のカテゴリーを設けさせていたくことにいたしました。
詳細は、特設ページをご覧ください。皆様のご参加をお待ち申し上げております。

■「一日参加」特設ページ: http://www.iaccp2016.com/one-day-registration/
■「一日参加」申込期間: 2016年7月18日まで(短期間につき、ご注意ください)
■大会プログラム: http://www.iaccp2016.com/program/

■IACCP2016基本情報■
期日:2016年7月30日(土)~8月3日(水)
会場:ウィンクあいち(JR名古屋駅から徒歩5分: http://www.winc-aichi.jp/)
(初日のワークショップとレセプションは、名古屋大学で開催されます)
大会WEBサイト:http://www.iaccp2016.com/

組織委員長・唐沢 穣(名古屋大学)
プログラム委員長・結城 雅樹(北海道大学)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★情報提供者を募集しております!学会,研究会,どんな情報でも,会員
に寄与するものは,配信いたします。事務局までご連絡ください。
★現在事務局が把握している会員メールアドレスに一斉送信しております。
★本メール受信にお心当たりのない方,メールアドレスの変更を希望さ
 れる方,登録解除をご希望の方は,ご面倒ですが下記のアドレスまでご
 連絡ください。
 jsre-post@bunken.co.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

/一覧へ戻る