メールニュース

日本感情心理学会会員の皆様


******************************************************
 ・日本感情心理学会 ニューズレター
 ・No. 55 (2014年9月25日)
 ・発行/著作権:日本感情心理学会事務局
 ・問い合わせ先:jsre-post@bunken.co.jp
 ・担当:日本感情心理学会事務局長 有光 興記
******************************************************

【ヘッドライン】
 1.  日本感情心理学会第23回大会のお知らせ
 2.  ISRE2015年大会について
 3.  World Congress Facial Expressions of Emotionについて
 4.  Society for Affective Science Conference2015について
 5.  SPSP Emotion Preconference2015について
 6.  第17回国際心理生理学会議(IOP2014)のお知らせ
 7.  日本パーソナリティ心理学会第23回大会について
 8.  日本情動学会第4回大会について
 9.  日本心理学会第79回大会について
10.  S研(社会心理学研究会)のお知らせ
11. 文教大学 人間科学部 教員公募のお知らせ(知覚心理学 または 感情心理学)
12.  Boston Emotion Diary

感情心理学研究 最新号へのアクセス:Vol. 21(2013) No. 3
特集「感情を測る」の論文の他,原著,短報,資料論文がご覧いただけます。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jsre/-char/ja/

*********************************************************************
 【1】日本感情心理学会第23回大会のお知らせ
*********************************************************************

第23回年次大会は,新渡戸文化短期大学(東京都中野区)で2015年6月13日(土),
14日(日)に開催されます。奮ってご参加のほどよろしくお願いします。
今回も若手支援企画が計画される予定です。

大会長:永房典之
会場URL:http://www.nitobebunka.jp/

第24回年次大会は,筑波大学で開催される予定です。

*********************************************************************
 【2】ISRE2015について
*********************************************************************
ISRE(the International Society for Research on Emotion)2015年大会は, 
Geneva(スイス)で7月8日から10日まで行われることが決まりました。
pre-conferencesとpost-conferencesは,それぞれ7月7日,11日に行われます。 
welcome drinkは,7月7日に行われる予定です。 
http://www.isre2015.org/

*********************************************************************
 【3】World Congress Facial Expressions of Emotionについて
*********************************************************************
1st World Congress Facial Expressions of Emotionが下記の日程で行われます。
会期:October 9 - 11, 2014
場所:Porto, Portugal
WEB: http://www.wcfee2014.pt

*********************************************************************
 【4】Society for Affective Science Conference2015について
*********************************************************************
Society for Affective Science Conferenceの2015年大会が下記の日程で行われます。
アブストラクトの募集も開始されています。
会期:April 9-11, 2015
会場:San Francisco Bay Area
   Marriott Oakland City Center, Oakland, CA
アブストラクト締め切り:October 31, 2014.
WEB: https://society-for-affective-science.org/

*********************************************************************
 【5】SPSP Emotion Preconference2015について
*********************************************************************
2015年のSPSP(Society for Social and Personality Psychology)の前日に,
 Emotion Preconferenceが今年も行われます。Speakerなどの詳細が公表され
ました。また,ポスター発表の募集も行われています。
会期:Thursday, February 26th, 2015 From 8:30 am to 4:30
   (SPSPは,February 27th - 28th)
会場:The Long Beach Convention & Entertainment Center, Calfornia, US
アブストラクト締め切り:December 20, 2014.

Speakers
Symposium 1: Stress

Wendy Mendes: Affect Contagion
Jeremy Jamieson: Reappraising Arousal Improves Responses to Stress
Naomi Eisenberger: Social Regulators of Stress Reactivity: Potential 
 Neutral Mechanisms Underlying the Link Between Social Ties and Health

Symposium 2: Positive Emotion

David DeSteno: Gratitude is the New Willpower: Positive Social Emotions as a 
            Path to Virtue
Barbara Fredrickson: The Genomic Effects of Habitual Positive Emotions
June Gruber: Positive Emotion Disturbance: A Puzzle in Affective Science

Symposium 3: Intergroup Emotion

Mina Cikara: Their Pain, Our Pleasure
Eliot Smith: Configural Patterns of Emotions Toward Outgroups
Maya Tamir & Eran Halperin: Motivated Intergroup Emotion


*********************************************************************
 【6】第17回国際心理生理学会議(IOP2014)のお知らせ
*********************************************************************
名称:17th World Congress of Psychophysiology (IOP2014)
期間:2014年9月23日(火・祝)-27日(土)
場所:広島国際会議場
プログラムが出そろったようです。まもなく行われます。
URL:http://www.iop2014.jp

*********************************************************************
 【7】日本パーソナリティ心理学会第23回大会について
*********************************************************************
日時:2014年10月4日(土)・5日(日)
場所:山梨大学 甲府キャンパス
こちらも,プログラムが公開されています。感情関係のシンポジウムもあり。
http://conference.wdc-jp.com/jspp/23/

*********************************************************************
 【8】日本情動学会第4回大会について
*********************************************************************
日時:2014年11月29日(土)
場所:名古屋市立大学病院
抄録受付:8月1日~10月10日
シンポジウム:「自閉症を考える」
http://www.emotion.umin.jp/

*********************************************************************
 【9】日本心理学会第79回大会について
*********************************************************************
第79回大会は,2015/9/22-24に名古屋国際会議場で行われます。

*********************************************************************
 【10】S研(社会心理学研究会)のお知らせ
*********************************************************************
発表者 :樋口匡貴氏(上智大学総合人間科学部心理学科)

発表題目:コンドームの購入・使用を阻害する羞恥感情の抑制の試み

発表要旨:
「恥ずかしくて○○できない」という現象は数多くあります。羞恥感情に
よって阻害される行動の中は、人間の生死に大きく関わる行動も含まれます。
例えば、婦人科の受診 (Smith, et al., 2007)や乳がんの検診 (Tsai, et al., 
2011) が羞恥感情によって阻害されることが指摘されています。本発表では、
羞恥感情が影響を与えるこうした重大な健康行動の中でも特に、コンドームの
購入と使用を取り上げます。発表においてはまず、日本でのHIVや他の性感染症
の状況について簡単に紹介した後、コンドームの購入と使用がどのようなメカ
ニズムによって行われるのかに関する調査的な研究を紹介します。その後、
コンドーム購入および使用を阻害する羞恥感情を抑制し、コンドーム購入および
使用を促進するための介入研究(現在進行中)について発表する予定です。

日時  :10月18日(土)午後3時から

場所  :筑波大学東京キャンパス 文京校舎 5階 502講義室
東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」駅下車 徒歩5分程度
詳細は下記のアクセスマップをご覧ください。
(アクセスマップ:http://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html)

多数の皆様のご参加をお待ちしております。

*********************************************************************
 【11】文教大学 人間科学部 教員公募のお知らせ
*********************************************************************
文教大学 人間科学部では下記の要領で教員の公募を行うこととなりました。 
つきましては、貴機関関係者にご周知くださいますようお願い申し上げます。
詳細につきましては、下記のホームページをご参照ください
http://www.bunkyo.ac.jp/gakuen/saiyo.htm

              記

 1、採用職種 専任講師、准教授 又は 教授 1 名
 2、所属 人間科学部 心理学科【 専門分野 :心理学 】
 3、担当科目 
知覚心理学 または 感情心理学、心理学基礎実験I・II、基礎統計学、心理学統計法I・II、
心理学、人間科学の基礎、人間科学演習I・II、卒業研究、その他関連科目
 4、応募条件 
(1) 博士の学位を有する、もしくはそれに相当する業績を有すること。
(2)担当科目の領域において研究業績を有すること。
(3)大学院の心理学専門科目が担当できること。
 5、採用予定日 平成27 年 4 月 1 日
 6、給与 本学園給与規程による
 7、提出書類 
(1) 履歴書(写真貼付のこと) 1 通
(2)教育研究業績書 1 通
(3)上記(2)に記載された業績のうち主要なもの5 点(抜き刷り、コピー可)
※ 注意:(1)(2)は本学所定の様式を用い、記入要領に従い記入すること。
※ 本学所定様式は、下記のURL よりダウンロードできます。
http://www.bunkyo.ac.jp/gakuen/saiyo.htm
※ 応募書類は原則として返却しません。返却をご希望の場合は、返却希望の書類を明記
※ の上、返信用封筒を同封してください
 8、応募締切日 平成26 年10 月23 日(木)必着
 9、選考方法 
書類選考通過者には平成26 年11 月6 日(木)頃までに本人宛に通知し、11 月15 日(土)
に面接(模擬授業を含む)を行います。
10、提出先 〒343-8511 埼玉県 越谷市 南荻島3337 文教大学 越谷校舎 総務課
※ 郵送のみ受け付け。封筒の表に「人間科学部 心理学科 教員応募書類在中」
※ と朱書し、書留便とすること。
[問い合わせ先] 上記提出先と同じ。
電話:048-974-8811 FAX:048-974-9439 E-mail: ksoumu@stf.bunkyo.ac.jp
※ 応募提出書類の個人情報については審査時の資料とする以外には使用いたしません。
※ 合わせて採用予定者については労務管理以外には使用いたしません。
                                   以上

*********************************************************************
 【12】Boston Emotion Diary
*********************************************************************
【5】で紹介したEmotion preconferenceのSymposium 2: Positive Emotion
は,素晴らしいシンポジストが揃いました。今から,楽しみにしています。
楽しみといえば,カリフォルニアのLong beachという会場もそうですね。
ボストンは10月末から降雪し,3メートル積もるらしいので,一時避難
場所としても楽しみにしています。
ところで,シンポジストの1人のYale大学のJune Gruber先生は,Biplolar
DisorderにおけるPositive emotion dysregulationに関する研究で大変有名
ですが,感情心理学の教育面でも大変貢献されています。Gruber先生が編集
された感情心理学の映像教材「Human Emotion Series」は,19回の講義に
なっており,感情心理学の基礎から最新知見までが学べます。You Tubeで
無料で見れますので,ご覧下さい。英語も比較的わかりやすいと思います。
また,それぞれの回にEmotoin Expertコーナーもありまして,各分野の
著名人のインタビューが聞けます。これが,見逃せない。
http://gruberpeplab.com/teaching/psych131_summer2013/expertseries.php
上記のコンテンツに限らず,著名人のスピーチは,たいていYou Tubeで見れる
ようになりました。多額の金額を払って国際学会に行かなくても,アメリカの
大学に入らなくても,無料で多くのことが学べるようになりました。感謝。
ただ,いろいろな研究者と直接話す感動や論文には書かれないことを学べるの
は,学会ならではですね。
                          事務局長 有光興記

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★情報提供者を募集しております!学会,研究会,どんな情報でも,会員
に寄与するものは,配信いたします。事務局までご連絡ください。
★現在事務局が把握している会員メールアドレスに一斉送信しております。
 ★本メール受信にお心当たりのない方,メールアドレスの変更を希望さ
 れる方,登録解除をご希望の方は,ご面倒ですが下記のアドレスまでご
 連絡ください。
 jsre-post@bunken.co.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


/一覧へ戻る