メールニュース

日本感情心理学会会員の皆様

******************************************************
 ・日本感情心理学会 ニューズレター
 ・No. 53 (2014年6月26日)
 ・発行/著作権:日本感情心理学会事務局
 ・問い合わせ先:jsre-post@bunken.co.jp
 ・担当:日本感情心理学会事務局長 有光 興記
******************************************************

【ヘッドライン】
 1.  日本感情心理学会第23回大会のお知らせ
 2.  日本感情心理学会第22回大会 優秀発表者について
 3.  「感情心理学研究」の電子化について
 4.  倫理委員会の設置について
 5.  学会HPの理事会議事録,学会予算および決算の掲載について
 6.  公認心理師・緊急集会のお知らせ
 7.  「第31回感情と情動の研究会」開催のご案内
 8.  日本社会心理学会 第55回大会について
 9.  日本心理学会第78回大会について
10.  第17回国際心理生理学会議(IOP2014)のお知らせ
11.  日本パーソナリティ心理学会第23回大会について
12.  Boston Emotion Diary

******************************************************
 【1】日本感情心理学会第23回大会のお知らせ
******************************************************

第23回年次大会は,新渡戸文化短期大学で2015年に開催されます。
奮ってご参加のほどよろしくお願いします。
第24回年次大会は,筑波大学で開催される予定です。

******************************************************
 【2】日本感情心理学会第22回大会 優秀発表者について
******************************************************
2014年第22回大会宇都宮大学における優秀発表者が決定いたしました。
おめでとうございます。
次年度大会の懇親会で表彰いたします。
筆頭発表者は,次年度大会の懇親会料金が無料になります。

◆優秀研究賞:
発表者:上田真由子・和田一成・臼井伸之介
タイトル:特別な呼吸法の事前実施が緊急事態時の行動を改善させる
◆独創研究賞:
発表者:鈴木敦命・木山幸子・國見充展・大平英樹・川口潤・中井敏晴
タイトル:持続的な不信感の神経相関
発表者:上田真由子・和田一成・臼井伸之介
タイトル:特別な呼吸法の事前実施が緊急事態時の行動を改善させる
◆グッド・プレゼンテーション賞:
発表者:河野和明・羽成隆司・伊藤君男
タイトル:サイコパシー傾向者は他者から嫌われることをどう認知しているか?
発表者:樋口匡貴・柳川美貴・福田哲也
タイトル:自然に対してなぜ感動するのか?:死の顕現性仮説からの検討

******************************************************
 【3】「感情心理学研究」の電子化について
******************************************************
機関誌「感情心理学研究」を2015年度から電子化による発行に一本化し、
印刷 送付はしないことが総会で了承されました。
「感情心理学研究」は,審査過程,発刊について電子化されたことになります。
現在,J-stageで公開しているPDFは,発行部数を大幅に上回る閲覧回数になっています。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jsre/-char/ja/
雑誌の配布に替わる会員サービスについては,現在検討中です。続報をお待ちください。

******************************************************
 【4】倫理委員会の設置について
******************************************************
現在,研究倫理については,剽窃,ねつ造,人権侵害など,多くの問題が
提起されています。本学会でも,倫理委員会を設置し,規程を設けて,そうした
問題が起こらないよう,また発生した際の対応を行っていくことになりました。
理事会で審議し,倫理委員会の設置と,副理事長,編集委員長,理事の1名を
委員とすることが決定されました。これを受けまして,伊藤義徳先生に倫理
委員会委員長をお願いし,規程の作成をお願いすることになりました。また,
伊藤義徳先生は,倫理委員会委員長として理事になっていただくこと,編集員会
でのお仕事は退任していただくことが決まりました。

******************************************************
 【5】学会HPの理事会議事録,学会予算および決算の掲載について
******************************************************
本年度より,学会HPに会議記録(現在準備中),学会予算および決算を掲載
することにしました。
下記のURLよりご確認ください。
http://jsre.wdc-jp.com/im_documents.htm

******************************************************
 【6】公認心理師・緊急集会のお知らせ
******************************************************
「7.12緊急2000人集会 
「公認心理師」法案実現のための決起集会-心理支援を みんなのもとに-(仮題)」

長年の課題であった心理職の国家資格化も「公認心理師」法案とし
て大きく前進 し、秋の臨時国会で審議が行われ、実現が目前となっております。

「公認心理師」実現のための決起集会を下記日程で開催いたします。多くの皆様 の参加をお願い致します。

●日時:7月12日(土)13:30-15:30 (開場13:00)
●場所:中野サンプラザ
〒164-0001 東京都中野区中野4-1-1  JR中野駅前 03-3388-1177
●収容人員:2000人
●主催(予定):三団体(推進連・推進協・日心連)、日本心理研修センター、 七者懇談会、臨床心理士会
後援(予定):日本学校心理士会、日本臨床発達心理士会、一般財団法人特別支 援教育士資格認定協会、等
●プログラム(予定)
・議員挨拶
・省庁挨拶 
・当事者団体挨拶

*****************************************************
 【7】「第31回感情と情動の研究会」開催のご案内
*****************************************************
この度,「第31回感情と情動の研究会」を下記の要領で開催致します.
どなたでもご参加できますので,お誘い合わせのうえ多数の方のご参加をお待ち
申し上げます.

開催日時 2014年 7月12日(土) 13:20-18:00
場所 同志社大学今出川キャンパス 良心館 401教室
   京都市営地下鉄烏丸線『今出川』駅よりすぐ
     http://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html
    http://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/imadegawa.html
参加費 無料
    但し、研究会終了後、有志で懇親会を行います。

13:30~14:45「肯定的再評価の選択及び効果の規定因に関する研究」
           東京大学大学院教育学研究科 榊原 良太 氏

15:00~16:15「古典的条件づけにおける意識性の役割
                              ―情動反応と態度形成を中心に―」
         関西学院大学大学院文学研究科 沼田 恵太郎 氏

16:30~17:45「遂行機能における自己評定,他者評定の違い」
           立正大学大学院心理学研究科 菅野 智子 氏

連絡先: 白井 真理子
     mail: eko1003@mail2.doshisha.ac.jp(@は全角になっています)
     TEL: 0774-65-8214 (鈴木研究室)

******************************************************
 【8】日本社会心理学会 第55回大会について
******************************************************
日程:2014年7月26日(土)~27日(日)
会場:北海道大学札幌キャンパス
http://www.socialpsychology.jp/conf2014/

******************************************************
 【9】日本心理学会第78回大会について
******************************************************
会期:平成26年(2014年) 9月10日(水) ~ 9月12日(金)
会場:同志社大学今出川キャンパス
(〒602-8580 京都市上京区今出川通り烏丸東入)
大会準備委員長:鈴木 直人(同志社大学心理学部教授・本学会顧問)
http://jpa2014.com/index.html

******************************************************
 【10】第17回国際心理生理学会議(IOP2014)のお知らせ
******************************************************
名称:17th World Congress of Psychophysiology (IOP2014)
期間:2014年9月23日(火・祝)-27日(土)
場所:広島国際会議場
URL:http://www.iop2014.jp

******************************************************
 【11】日本パーソナリティ心理学会第23回大会について
******************************************************
日時:2014年10月4日(土)・5日(日)
 場所:山梨大学 甲府キャンパス
http://conference.wdc-jp.com/jspp/23/

******************************************************
 【12】Boston Emotion Diary
******************************************************
6月14日に,Boston Pride Paradeを見てきました。Prideのパレードというと,
どんな内容を想像されるでしょうか。実は,LGBT rightsの向上を訴える目的で,
女性同性愛者(レズビアン,Lesbian),男性同性愛者(ゲイ,Gay),
両性愛者(バイセクシュアル,Bisexual),そして性転換者・異性装同性愛者など
(トランスジェンダー,Transgender)の方が市内を行進するというものです。
LGBTの方がアイデンティティを公開して行進するというのは,大変勇気がいる
ことのように思います。皆さん誇り高く,笑顔で行進されていて,見ていて
私も誇らしくなりました。アメリカでは,私もマイノリティです。心の底から,
彼らに尊敬の念を抱き,勇気や希望が湧いてきました。マサチューセッツ州は
LBGTの結婚が認められているなど,LGBTの人権は守られているようです。それも,
パレードをするような勇気がある方々のおかげかもしれません。
行進の中には,支援者もいたのですが,中にはカウンセラーもおり,いじめや排除
などで悩む方々がいることに心が痛みました。日本でも,支援の手は必要なのだと
思います。
http://www.bostonpride.org/parade/
                        事務局長 有光興記

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★現在事務局が把握している会員メールアドレスに一斉送信しております。
 ★本メール受信にお心当たりのない方,メールアドレスの変更を希望さ
 れる方,登録解除をご希望の方は,ご面倒ですが下記のアドレスまでご
 連絡ください。
 jsre-post@bunken.co.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

/一覧へ戻る