メールニュース

日本感情心理学会会員の皆様

・日本感情心理学会 ニューズレター
・No. 45 (2013年9月27日)
・発行/著作権:日本感情心理学会事務局
・問い合わせ先:jsre-post@bunken.co.jp
・担当:日本感情心理学会事務局長 有光 興記


【ヘッドライン】
 1.『感情心理学研究』特集「感情概念」への論文募集
 2.  オンライン入会について
 3.  学会HPの更新について
 
札幌で行われました日本心理学会に行って参りました。チュートリアルワーク
シップがあったり,学会運営が業者に一部委託されるなど,改善に向けた取り
組みが感じられる学会でした。
本学会の理事会でも,将来の発展に向けて議論を重ねております。学会につい
てご意見やご要望があれば,どんなことでも構いませんので,事務局までお知
らせください。

******************************************************************
  【1】『感情心理学研究』特集「感情概念について考える」論文募集
******************************************************************

 感情は人間を特徴づける重要な側面であり、心理学にとどまらず様々な学問
分野で取り上げられる重要な研究テーマである。これらの研究は、対象である
感情についての一定の定義・理解に基づいて行われているが、そこに多様性・
曖昧さがあることは、これまでも繰り返し指摘されてきた。確かに、異なる研
究方法によって、多様な「感情」の諸側面についての理解が深まることは重要
であるが、同時に、個々の研究を体系的にとらえ、全体として総合的に理解す
ることもまた不可欠であり、学際的議論の場においても、このような総合的理
解に結びつく感情概念の分析と整理が強く求められている。
 このような問題意識に基づき、日本感情心理学会2013年度年次大会において、
シンポジウム「感情概念の領域横断的検討:研究の歴史と方法の観点から」が
企画され、様々な観点からの話題提供と活発な討論が行われた。この討論の中
で、今後も、感情とは何かという根源的な問題を継続的に検討する必要があり
そのためにも、今回の議論を形として残すべきであるという議論があった。
 この特集は、この議論をきっかけに企画されたものであり、感情研究者がそ
の歴史の始まりから問い続けてきた、感情とはそもそも何かという古くて新し
い問いかけを、「感情概念」が感情研究においてどのように取り扱われている
かという観点から改めて取り上げ、「感情」研究を目標とする本学会において、
継続して検討を行うための糸口を提供することを目的とする。そのため、論文
一本当たりの分量を抑え、シンポジウムで論じられていないテーマを含めて、
なるべく多くの観点に立つ論文を掲載することによって、読者に多様な議論を
紹介し、感情概念に対する再検討を行いたいと考えている。感情概念に関する
完成された論文はもとより、萌芽的、挑戦的議論も広く歓迎する。

特集責任編集者:中村真(宇都宮大学)・伊藤美加(京都光華女子大学)

1.	掲載予定巻号
22巻1号(2014年7月頃発刊見込み)
2.	論文の執筆と取り扱い
論文の分量は原則的に短報と同程度(刷り上がり6ページ以内)とし、執筆と取
り扱いは、本学会の執筆投稿規程・編集規程に準拠する。
ただし、査読は特集責任編集者か、別途特集責任編集者が選定した査読者が
行う。
3.	論文投稿締め切り日
2014年1月末日
4.	投稿先
http://mc.manuscriptcentral.com/jsre (※一般の投稿論文と同様)
「著者・表題」および「原稿・要旨」のファイル冒頭に、それぞれ「感情概念
について考える」と明記してください。
5.	その他
本特集についてのお問い合わせは、下記までお願いいたします。
特集責任編集者:伊藤美加(京都光華女子大学)ito-mika@mail.koka.ac.jp

*********************************************************
 【2】オンライン入会について
*********************************************************
入会手続きがオンライン化されました。HP上で必要事項を入力してもらう形に
なっています。
なお,学生および大学院生は在学証明書を別途ご提出いただくことになってい
ます。
http://jsre.wdc-jp.com/admission.htm

*********************************************************
 【3】学会HPの更新について
*********************************************************
HP改善ワーキンググループを結成して,HPの更新に取り組みました。
メンバーは,蔵永瞳先生(広島大学),澤田匡人先生(宇都宮大学),藤井勉
先生(誠信女子大学校)と事務局です。
大きく変更したわけではありませんが,少しずつ改善していきたいと思ってお
ります。
会員の方のご意見もお聞かせください。
http://jsre.wdc-jp.com/index.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★現在事務局が把握している会員メールアドレスに一斉送信しております。
 ★本メール受信にお心当たりのない方,メールアドレスの変更を希望さ
 れる方,登録解除をご希望の方は,ご面倒ですが下記のアドレスまでご
 連絡ください。
 jsre-post@bunken.co.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

/一覧へ戻る