ニューズレター

日本感情心理学会会員の皆様


****************************************
 ・日本感情心理学会 ニューズレター
 ・No. 142 (2021年10月11日)
 ・発行/著作権:日本感情心理学会事務局
 ・問い合わせ先:jsre-post@bunken.co.jp
 ・担当:日本感情心理学会事務局 蔵永瞳
****************************************

****************************************
 ヘッドライン
****************************************
【1】日本感情心理学会第29回大会について
【2】ISRE2022開催について
【3】情報トピックス
【4】エモーション・スタディーズ(ES)特集企画・特別号企画の募集について


****************************************
【1】日本感情心理学会第29回大会について
****************************************
◆学会の開催形式
日本感情心理学会第29回大会はオンライン(リアルタイム:Zoomウェビナー)で開催されます。
詳細につきましては,大会ホームページをご覧ください。
http://jsre.wdc-jp.com/conf/2021/index.html

◆大会プログラム暫定版
シンポジウム,各研究発表セッションの開催時間は大会プログラム暫定版からご確認いただけます。
発表者の方は,ご自身の発表時間の確認をお願いいたします。
http://jsre.wdc-jp.com/conf/2021/contents.html

◆大会発表賞
本大会では、以下の3つの大会発表賞の選考があります。

1.優秀研究賞
超面白い研究に与えられます。

2.独創研究賞
一風変わった研究に与えられます。

3.グッドプレゼンテーション賞
共有画面とトークがいい感じでかみ合っている研究に与えられます。

選考対象となるには、2021年10月16日(土)までに発表抄録を提出する必要があります。
期限を過ぎますと,賞の選考対象から外れますので、あらかじめご承知おきください。

詳細は、大会HPでご確認ください。
http://jsre.wdc-jp.com/conf/2021/publication.html

◆今後のスケジュール
10月中旬 大会プログラム正式版をWebサイト上で公開
10月下旬 参加登録者へ大会アクセス情報を送付

※研究発表登録は既に締め切られ、参加登録(再延長)は明日(10月12日)で締め切られます。
お忘れの方はこの機会になだれ込んでください。

◆大会長より
皆さんは今まで観た学会発表の数を覚えていますか?私は覚えていませんが、
ハートをふるわせ、燃えつきつほどヒートな発表はいくつか心に残っています。
オンライン上ではありますが、血液に刻まれるような発表に出会えれば幸いです。


****************************************
【2】ISRE2022開催について
****************************************
ISRE2022が以下の日程で対面開催されます。
ISRE前会長のDr. Arvid Kappas(Jacobs University)からも、関係の深い本学会会員に向けて、参加
のお誘いをいただきました。
本メールの添付ファイルに詳細がありますのでご覧ください。

開催期間:2022年7月15日から18日
開催場所:The University of Southern California
研究発表の申し込み(アブストラクト提出)〆切は11月21日です。また、プレカンファレンスの応募〆切
は11月30日です。
その他詳細については以下URLをご覧ください。
https://www.isre.org/page/isre2022


****************************************
【3】情報トピックス
****************************************
感情研究に関わる情報をピックアップしてお伝えします。

◆論文情報
・Cognition and Emotion誌で、Emotion and episodic memory, Complex emotion perception, 
Emotional faces in antisaccade paradigm, Facial redness and emotion perception, Anxiety 
disorder, Emotion recognition and working memory 等に関する論文が新たに公開されています。
https://www.tandfonline.com/action/showAxaArticles?journalCode=pcem20

・Emotion Review誌で、Being movedに関する論文が新たに公開されています。
https://journals.sagepub.com/home/emr

◆国際会議情報
・SAS2022が以下の日程でオンライン開催されます。
期間:2022年3月30日から4月2日
参加登録の受付開始は12月中旬の見通しです。詳細については以下URLをご覧ください。
https://society-for-affective-science.org/conferences/2022-sas-annual-conference/

◆その他、以下もご活用ください。
・感情心理学研究バックナンバー
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jsre/-char/ja/

・エモーション・スタディーズ バックナンバー
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/ems/-char/ja/

・日本感情心理学会Twitter
https://twitter.com/jsre_pr

・日本学術会議「ニューズレター」
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/1bu/index.html


****************************************
【4】エモーション・スタディーズ(ES)特集企画・特別号企画の募集について
****************************************
ES誌の特集企画は,会員であればどなたでも提案することができます。
(下記URLには,これまで発行された特集のリンク,規程も公開しておりますのでご参照ください。)
毎年4月30日を期限に企画案を募集しています。募集要領をご覧になった上で,ふるってご提案ください。
また,定期発行分に加えて,ES特別号を発行しています。ES特別号とは,会員が自ら特集を企画し,発行
したいという場合に,必要な経費を負担していただくことで,その特集を発行できるようにするためのプ
ラットフォームです。
具体的には科学研究費等の研究成果やシンポジウム等の発表内容の公刊を念頭に置いています。ぜひ特別
号もご活用ください。ES特別号についても「ES特集号に関する申し合わせ」をご覧になった上で,ふるっ
てご提案ください。問い合わせは,随時,学会事務局までご連絡ください。

参考:http://jsre.wdc-jp.com/emotion.htm

ES編集委員会



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★ニューズレター配信日:毎月10日
★記事掲載依頼受付期限:毎月5日
★情報提供者を募集しております!学会,研究会,どんな情報でも,会員
に寄与するものは,配信いたします。事務局までご連絡ください。
★現在事務局が把握している会員メールアドレスに一斉送信しております。
★学会Twitter(https://twitter.com/jsre_pr)を是非フォローしてください。
また、Twitterにて流したい情報等がございましたらご連絡ください。
★本メール受信にお心当たりのない方,メールアドレスの変更を希望さ
 れる方,登録解除をご希望の方は,ご面倒ですが下記のアドレスまでご
 連絡ください。
 jsre-post@bunken.co.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

/一覧へ戻る