ニューズレター

日本感情心理学会会員の皆様

****************************************
 ・日本感情心理学会 ニューズレター
 ・No. 132 (2021年1月12日)
 ・発行/著作権:日本感情心理学会事務局
 ・問い合わせ先:jsre-post@bunken.co.jp
 ・担当:日本感情心理学会事務局 蔵永瞳
****************************************

****************************************
 ヘッドライン
****************************************
【1】感情心理学研究 Supplement号オンライン公開のお知らせ
【2】日本心理学会:日本学術会議任命拒否問題に関する依頼
【3】情報トピックス
【4】エモーション・スタディーズ(ES)特集企画・特別号企画の募集について


****************************************
【1】感情心理学研究 Supplement号オンライン公開のお知らせ
****************************************
感情心理学研究27巻、28巻のSupplement号がオンライン公開されましたので、お知らせ致します。
それぞれ以下URLから参照可能です。

・27巻 Supplement号(日本感情心理学会第27回大会の抄録を掲載)
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jsre/27/Supplement/_contents/-char/ja

・28巻 Supplement号(日本感情心理学会第28回大会の抄録を掲載)
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jsre/28/Supplement/_contents/-char/ja


****************************************
【2】日本心理学会:日本学術会議任命拒否問題に関する依頼
****************************************
日本学術会議第25期推薦会員任命拒否に関する人文・社会科学系学協会「共同声明」参加・賛同学
協会  関係各位

12月2日に発表した英語版の共同声明と記者会見を受けて,現在,人文社会系学協会連合連絡会で
は海外から共同声明への賛同のメッセージを,下記リンクにて募集しております。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdG8c42G4jnqvV3WygBNkttnEAzIeB-UiHMcO
MhtE-INn0z3w/viewform?usp=sf_link

つきましては,もしご存知の海外の研究者(個人)や団体で,賛同メッセージをお願いできる方や団体
がいらっしゃいましたら,上記リンクをご周知いただけますでしょうか。

日本心理学会では,世界各国の心理学会の理事長や国際担当が集まるGlobal Psychology Allience
に依頼し,参加している方たちから賛同メッセージをいただけるようお願いしましたことも申し添えます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
公益社団法人日本心理学会  事務局
113-0033 東京都文京区本郷5-23-13 田村ビル2F
Tel: 03-3814-3953   Fax: 03-3814-3954
E-mail: jpa@psych.or.jp
URL: https://psych.or.jp/
Twitter: https://twitter.com/jpa_psych
Facebook: https://www.facebook.com/JapanesePsychologicalAssociation/
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛


****************************************
【3】情報トピックス
****************************************
感情研究に関わる情報をピックアップしてお伝えします。

◆感情心理学研究
先日、Vol. 28(2020) No.1がJ-stageで公開されました。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jsre/28/0/_contents/-char/ja
掲載内容を以下にお知らせいたします。

・資料
大石彩乃『筆記開示法の利用意欲を促進する要因の検討』
石川遥至『適応的・不適応的な形式の反応スタイルと能動的注意制御の関連について』

・短報
古谷大樹・竹内康二『潜在的自尊感情における「自分–肯定語」の刺激間の強さと心理的健康度に関
する検証─Implicit Relational Assessment Procedureを用いて─』

◆論文情報
・Cognition and Emotion誌で、Emotional metacognition, Disgust, Awe, Nostalgia, Emotion 
regulation等に関する論文が新たに公開されています。
https://www.tandfonline.com/action/showAxaArticles?journalCode=pcem20

・Psychological science誌で、Disgustに関する論文が新たに公開されています。
https://journals.sagepub.com/toc/pssa/0/0

◆国際会議情報
・Society for Affective Science2021は、オンラインで開催される見通しです。詳細は以下のURL
をご覧ください。
https://society-for-affective-science.org/conferences/2021-sas-annual-conference/home/

◆その他、以下もご活用ください。
・感情心理学研究バックナンバー
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jsre/-char/ja/

・エモーション・スタディーズ バックナンバー
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/ems/-char/ja/

・日本感情心理学会Twitter
https://twitter.com/jsre_pr

・日本学術会議「ニューズレター」
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/1bu/index.html


****************************************
【4】エモーション・スタディーズ(ES)特集企画・特別号企画の募集について
****************************************
ES誌の特集企画は,会員であればどなたでも提案することができます。(下記URLには,これまで発
行された特集のリンク,規程も公開しておりますのでご参照ください。)毎年4月30日を期限に企画案
を募集しています。募集要領をご覧になった上で,ふるってご提案ください。
また,定期発行分に加えて,ES特別号を発行しています。ES特別号とは,会員が自ら特集を企画し,
発行したいという場合に,必要な経費を負担していただくことで,その特集を発行できるようにするため
のプラットフォームです。
具体的には科学研究費等の研究成果やシンポジウム等の発表内容の公刊を念頭に置いています。
ぜひ特別号もご活用ください。ES特別号についても「ES特集号に関する申し合わせ」をご覧になった
上で,ふるってご提案ください。問い合わせは,随時,学会事務局までご連絡ください。

参考:http://jsre.wdc-jp.com/emotion.htm

ES編集委員会


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★ニューズレター配信日:毎月10日
★記事掲載依頼受付期限:毎月5日
★情報提供者を募集しております!学会,研究会,どんな情報でも,会員
に寄与するものは,配信いたします。事務局までご連絡ください。
★現在事務局が把握している会員メールアドレスに一斉送信しております。
★学会Twitter(https://twitter.com/jsre_pr)を是非フォローしてください。
また、Twitterにて流したい情報等がございましたらご連絡ください。
★本メール受信にお心当たりのない方,メールアドレスの変更を希望さ
 れる方,登録解除をご希望の方は,ご面倒ですが下記のアドレスまでご
 連絡ください。
 jsre-post@bunken.co.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

/一覧へ戻る