ニューズレター

日本感情心理学会会員の皆様

****************************************
 ・日本感情心理学会 ニューズレター
 ・No. 126 (2020年8月10日)
 ・発行/著作権:日本感情心理学会事務局
 ・問い合わせ先:jsre-post@bunken.co.jp
 ・担当:日本感情心理学会事務局 蔵永瞳
****************************************

****************************************
 ヘッドライン
****************************************
【1】日本感情心理学会第28回大会 大会発表賞受賞者
【2】日本感情心理学会第28回大会に関するアンケート調査について
【3】令和2年7月豪雨による被災者支援のための年会費免除について
【4】情報トピックス
【5】エモーション・スタディーズ(ES)特集企画・特別号企画の募集について


****************************************
【1】日本感情心理学会第28回大会 大会発表賞受賞者
****************************************
2020年度日本感情心理学会第28回大会(岩佐和典大会委員長・永田忍事務局長;就実大学)はオンライン
にて,6月20日(土)-30日(火)に行われました。
本年度は,発表賞について以下のように決定しましたのでお知らせ致します。

1)優秀研究賞
発表者:朱思斉・佐々木恭志郎・姜月・錢琨・山田祐樹
タイトル:「中国辺境の少数民族におけるトライポフォビアへの耐性」

2)独創研究賞
発表者:朱思斉・佐々木恭志郎・姜月・錢琨・山田祐樹
タイトル:「中国辺境の少数民族におけるトライポフォビアへの耐性」


****************************************
【2】日本感情心理学会第28回大会に関するアンケート調査について
****************************************

第28回大会実行委員会で委員長を務めておりました,就実大学の岩佐です。
皆様のおかげをもちまして,大会は無事に閉会となりました。
改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

さて本日は,本大会に関するアンケート調査にご協力頂きたく,メールを差し上げました。
オンラインでの質疑応答は初めての試みでしたが,力及ばず,皆様にご不便をおかけすることも多かった
かと反省しております。
この経験を感情心理学会の今後に活かすべく,是非,皆様の声をお聞かせください。

アンケートは,オンラインでの質疑応答に関するものです。
簡単な内容ですので,5分程度あればお答えいただけるかと見込んでおります。
回答は匿名です。調査結果は学会内で共有するとともに,対外的に公表する可能性もございます。
ご協力いただける場合は,以下のURLからアンケートにアクセスしてください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdTIzFl8ECBy-
yD6N923ptIEYXdz-WAIm7SoYfkwx01cbyxrg/viewform

ご協力のほど,よろしくお願い申し上げます。

日本感情心理学会第28回大会 実行委員会
委員長 岩佐和典


****************************************
【3】令和2年7月豪雨による被災者支援のための年会費免除について
****************************************

日本感情心理学会会員各位

この度の豪雨による影響で被災された皆様には,心からお見舞い申し上げますとともに,一日も早い復
旧・復興をお祈り申し上げます。

日本感情心理学会では,被災された会員の皆様の研究活動を微力ながらも支援したいと考え,2020年度
年会費の免除措置を実施することにいたしました。免除者の範囲は,「災害救助法」適用地域に本人,
あるいは家族が居住する大学院生および学生会員で,会員本人のみではなく家計を支える方の被災も含
まれます。

つきましては,2020年度年会費免除を希望される方は,2021年2月末日までに下記学会事務局へその旨ご
連絡ください。また,自然災害は今後も様々な地域で生じることが予想されますので,同様の被災状況と
条件が該当する方は,随時ご相談ください。なお,申請にあたり,「被災状況証明書」(「罹災証明書」
「被災証明書」等)を求めることもあります。

今回の措置は2020年度年会費に関するものですが,既に年会費を納入済みの場合は,お支払い頂いた金額
を2021年度の年会費にあてさせていただきますので,あらかじめご了承下さい。


理事長 湯川進太郎

日本感情心理学会事務局
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
TEL: 03-6824-9380  FAX: 03-5227-8631
担当:柳楽


****************************************
【4】情報トピックス
****************************************
感情研究に関わる情報をピックアップしてお伝えします。

◆感情心理学研究
先日、感情心理学研究Vol. 27(2020) No.3がオンラインとなりました。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jsre/27/3/_contents/-char/ja
以下に著者および論文題目をお知らせ致します。

・原著
稲葉隆
『表面の状態と色が視覚と触覚による感情喚起に及ぼす影響』
矢嶋美保・長谷川晃
『家族機能が中学生の社交不安に及ぼす影響─日本の親子のデータを用いた検討─』

・資料
向井智哉・松木祐馬
『厳罰傾向と犯罪者および被害者に対する感情的反応との関連─犯罪不安,怒り,共感に着目して─』

・短報
上野雄己・髙橋亜希・小塩真司
『Highly Sensitive Personは主観的幸福感が低いのか?─感覚処理感受性と人生に対する満足度,
自尊感情との関連から─』


◆論文情報
・Cognition and Emotion誌に、Emotional response inhibition, Negative emotional state and 
visual working memory, Emotion regulation, The emotion-induced memory trade-off effect, 
Gratitude expressions, Mood and aesthetic appeal, Anxiety, Attentional biases to 
emotional faces 等に関する論文が新たに公開されています。
https://www.tandfonline.com/action/showAxaArticles?journalCode=pcem20

・Emotion誌に、Emotion regulation, Anger, Fear, Anxiety, Disgust, Sleep quality and 
aggressive pleasure, Emotional experiences in bilinguals, Coherence between subjective 
experience and physiology in emotion, Emotion development, Emotional memory, Prosocial 
spending and positive mood, Culture and experience of negative affect 等に関する論文が新
たに公開されています。
https://psycnet.apa.org/PsycARTICLES/journal/emo/

・Emotion Review誌に、History of emotions, Emotional voice 等に関する論文が新たに公開され
ています。
https://journals.sagepub.com/home/emr

・Perspectives on Psychological Science誌に、Emotion regulation に関する論文が新たに公開さ
れています。
https://journals.sagepub.com/home/pps

・社会心理学研究に、共感の正確さに関する論文が新たに公開されています。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jssp/list/-char/ja

・心理学研究に、怒りのメタ情動観念に関する論文が新たに公開されています。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjpsy/advpub/0/_contents/-char/ja

◆その他、以下もご活用ください。
・感情心理学研究バックナンバー
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jsre/-char/ja/

・エモーション・スタディーズ バックナンバー
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/ems/-char/ja/

・日本感情心理学会Twitter
https://twitter.com/jsre_pr

・日本学術会議「ニューズレター」
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/1bu/index.html


****************************************
【5】エモーション・スタディーズ(ES)特集企画・特別号企画の募集について
****************************************
ES誌の特集企画は,会員であればどなたでも提案することができます。
(下記URLには,これまで発行された特集のリンク,規程も公開しておりますのでご参照ください。)
毎年4月30日を期限に企画案を募集しています。募集要領をご覧になった上で,ふるってご提案ください。
また,定期発行分に加えて,ES特別号を発行しています。ES特別号とは,会員が自ら特集を企画し,発行
したいという場合に,必要な経費を負担していただくことで,その特集を発行できるようにするための
プラットフォームです。
具体的には科学研究費等の研究成果やシンポジウム等の発表内容の公刊を念頭に置いています。ぜひ特別
号もご活用ください。ES特別号についても「ES特集号に関する申し合わせ」をご覧になった上で,ふるっ
てご提案ください。問い合わせは,随時,学会事務局までご連絡ください。

参考:http://jsre.wdc-jp.com/emotion.htm

ES編集委員会


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★学会に関わる情報はこちらからも確認できます。
日本感情心理学会ホームページ:http://jsre.wdc-jp.com/
学会Twitter:https://twitter.com/jsre_pr
日本感情心理学会第28回大会ホームページ:http://jsre.wdc-jp.com/conf/2020/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★ニューズレター配信日:毎月10日
★記事掲載依頼受付期限:毎月5日
★情報提供者を募集しております!学会,研究会,どんな情報でも,会員
に寄与するものは,配信いたします。事務局までご連絡ください。
★現在事務局が把握している会員メールアドレスに一斉送信しております。
★学会Twitter(https://twitter.com/jsre_pr)を是非フォローしてください。
また、Twitterにて流したい情報等がございましたらご連絡ください。
★本メール受信にお心当たりのない方,メールアドレスの変更を希望さ
 れる方,登録解除をご希望の方は,ご面倒ですが下記のアドレスまでご
 連絡ください。
 jsre-post@bunken.co.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

/一覧へ戻る