メールニュース

日本感情心理学会会員の皆様

******************************************************
 ・日本感情心理学会 ニューズレター
 ・No. 105 (2019年2月10日)
 ・発行/著作権:日本感情心理学会事務局
 ・問い合わせ先:jsre-post@bunken.co.jp
 ・担当:日本感情心理学会事務局 薊 理津子
******************************************************

【ヘッドライン】
 
 1. 2019年度日本感情心理学会第27回大会のお知らせ
 2. 第2回ポジティブ心理学研究会のご案内
 3. 第36回感情と情動の研究会のご案内
 4. エモーション・スタディーズ(ES)特集企画・特別号企画の募集について
 5. Emotion Review の情報
 6. International Society for Research on Emotion の情報
 7. Society for Affective Science の情報
 8. European Philosophical Society for the Study of Emotions の情報


2月にポジティブ心理学研究会、3月に感情と情動の研究会が開催されます。
詳細は【2】【3】をご覧下さい。
また、ISREの早期参加登録が開始されました。
【6】にウェブサイトのURLがございます。
ご関心がある方は参加されては如何でしょうか。

感情心理学研究 最新号へのアクセス:Vol. 26(2018) 1号
原著,短報,資料論文がご覧いただけます。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jsre/-char/ja/

エモーション・スタディーズ公開サイトへのアクセス:
J-Stageで最新号vol.3(2017)No. 1がご覧いただけます。
学会HP (vol.2(2016)No. 1まで公開)
http://jsre.wdc-jp.com/emotion.htm
J-Stage (最新号vol.3(2017)No. 1まで公開)
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/ems/-char/ja/

日本感情心理学会Twitter
https://twitter.com/jsre_pr

日本学術会議「ニューズレター」
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/1bu/index.html


********************************************************* 
 【1】2019年度日本感情心理学会第27回大会のお知らせ
********************************************************* 
2019年度日本感情心理学会第27回大会
(河野和明大会委員長・伊藤君男事務局長)は東海学園大学にて,
6月28日(金)-30日(日)に開催されます。
http://jsre.wdc-jp.com/conf/2019/

********************************************************* 
 【2】第2回ポジティブ心理学研究会のご案内
********************************************************* 
2月17日(日)、18日(月)に東洋大学白山キャンパスで開催されます
第2回ポジティブ心理学研究会のご案内をさせていただきます。

研究会の日時、場所、発表者および演題は以下の通りです。
末尾に懇親会参加申込に関して記載(期限有)がありますので、
最後までご覧ください。

=============
場所:東洋大学白山キャンパス 1号館4階 1407教室
 (最寄駅:都営三田線白山駅、東京メトロ南北線本駒込駅)
 *懇親会はキャンパス内の第4会議室にて行います。

2月17日(日)
14 : 00 ~ 15 : 30 【特別講演】 野村理朗先生(京都大学)
 演題:「無心」と「乱心」からみるポジティブ心理学

15 : 45 ~ 17 : 00 片岡雅知先生(東京大学)
 演題: 幸福と人生のかたち:哲学の観点から

17 : 30 ~ 19 : 30 懇親会


2月 18日(月)
10 : 00 ~ 11 : 00 吉野優香先生(筑波大学)
 演題:感謝感情と負債感情が向社会的行動に及ぼす影響 
 --向社会的行動の実行コストに着目して--

11 : 15 ~ 12 : 15 一言英文先生(福岡大学)
 演題: 協調的幸福感のポジティブな機能

13 : 30 ~ 14 : 30 阿部望先生(同志社大学)
 演題:子どもの精神的健康の向上を目指した学校での強み介入

14 : 45 ~ 15 : 45 島井哲志先生(関西福祉科学大学)
 演題: Character strengthsは発揮しすぎることがあるのか?
        あるとすれば、どんなstrengthで起きやすいのか?
=============

なお、初日 (2月17日(日)) の研究会終了後に懇親会を開催いたします
 (学生3,000円、有職者4,000円 )。
ぜひ、研究会後のご歓談にご参加いただけたらと存じます。
つきましては、準備の関係で事前に懇親会ご参加の予定をお伺いさせていただきます。
ご参加いただける方は、 2月12日(火) までに、下記よりご登録をお願いいたします。
https://goo.gl/forms/xotkBUneftFji6Hm2

本研究会につきまして、お尋ねなどがございましたらお気軽に
幹事:金子迪大(michihiro.kaneko31@gmail.com)までご連絡くださいませ。
皆様のご参加をお待ちしております。

********************************************************* 
 【3】第36回感情と情動の研究会のご案内
********************************************************* 
この度,「第36回感情と情動の研究会」を下記の要領で開催致します.
どなたでもご参加できますので,お誘い合わせのうえ多数の方のご参加をお待ち
申し上げます.

 今回は、配布資料の準備等のため以下の登録フォームによる事前参加申込
をお願いしております。ご協力いただければ幸いです。
 当日のご参加ももちろん大歓迎です。(フォームへの回答期限は2月中です。)
https://goo.gl/forms/ZuFWvOV6vnkQJNd62

- 記 -

開催日時 2019年3月2日(土) 13:30-18:00 (予定)

場所 国立研究開発法人産業技術総合研究所 
     つくば中央 第6事業所 6-11棟2階会議室
 (〒305-8561 茨城県つくば市東1-1-1 中央第6)
【交通アクセス】秋葉原駅~つくば駅までつくばエクスプレスで45分
https://www.aist.go.jp/aist_j/guidemap/tsukuba/center/tsukuba_map_c.html
 ※詳細は下記をご参照ください。
 参加費 無料
 (研究会終了後、有志で懇親会を行います)

 <発表演題>
13:30~14:45
「拡張―形成理論とは,さようなら
―ポジティブ感情の機能を説明する新たな理論の必要性―」
 筑波大学 菅原 大地 氏
15:00~16:15
「不正行為を誘発する課題の作成と検討」
 神戸学院大学大学院 黒川 優美子 氏
16:30~17:45
「顔の生理心理学:顔の皮膚血流量と発汗の機能について」
 鎌倉女子大学 廣田 昭久 氏

 【建物への入館について】
 建物内の入館にはカードキーが必要となっております。
6-11棟の玄関まで到着されましたらドア付近に設置してある内線電話にて、
藤村(内線:222-40441) をお呼び出し下さい。

 【産総研見学ツアーのご案内】
 研究会の前に、産総研の研究成果を展示しているサイエンススクエアの
ガイド付き見学ツアー(所要時間40分)を予定しております。
ご希望の方は、事前登録フォームにてお知らせください。
 集合時間:10時50分
 集合場所:産総研内 サイエンススクエア前
https://www.aist.go.jp/sst/ja/

またあわせて地質標本館も見学自由ですのでお時間ございましたらお立ち寄りください
(会場建物のすぐ近くです)
https://www.gsj.jp/Muse/

【産総研までの交通アクセス】
つくば駅からのアクセス
・当日は連絡バスは運航しておりませんので路線バスをご利用ください。
・つくばバスターミナル 4番バス停からご乗車ください。
https://www.aist.go.jp/aist_j/guidemap/tsukuba/tsukuba_c_express.html
「荒川沖駅(西口)行(並木経由)」、「筑波宇宙センター経由(学園南循環)」
または「桜ニュータウン行」にご乗車→「並木二丁目」で下車してください。
・バス停から会場建物までは徒歩7分程度です。

 参考:
 産総研ツアーご参加の場合
 「荒川沖駅(西口)行(並木経由)」に乗車、
 つくばセンター 10時10分発 → 並木二丁目 10時18分着

 研究会からご参加の場合
 「筑波宇宙センター経由(学園南循環)」に乗車、
 つくばセンター 13時00分発 → 並木二丁目 13時10分着

どうぞ宜しくお願い致します。

 主催:
 鈴木 直人(同志社大学心理学部名誉教授)

 世話人:
 手塚 洋介(大阪体育大学体育学部)
 藤村 友美(産業技術総合研究所)
 白井 真理子(同志社大学心理学部)

 連絡先: 藤村 友美(産業技術総合研究所)
 mail: t.fujimura@aist.go.jp

********************************************************* 
 【4】エモーション・スタディーズ(ES)特集企画・特別号企画の募集について
********************************************************* 
ES誌の特集企画は,会員であればどなたでも提案することができます。
(下記URLには,これまで発行された特集のリンク,規程も公開しておりますので
ご参照ください。)毎年4月30日を期限に企画案を募集しています。
募集要領をご覧になった上で,ふるってご提案ください。
また,定期発行分に加えて,ES特別号を発行しています。ES特別号とは,
会員が自ら特集を企画し,発行したいという場合に,必要な経費を負担して
いただくことで,その特集を発行できるようにするためのプラットフォームです。
具体的には科学研究費等の研究成果やシンポジウム等の発表内容の公刊を念頭に
置いています。ぜひ特別号もご活用ください。ES特別号についても「ES特集号に
関する申し合わせ」をご覧になった上で,ふるってご提案ください。
問い合わせは,随時,学会事務局までご連絡ください。

参考:http://jsre.wdc-jp.com/emotion.htm

ES編集委員会

********************************************************* 
 【5】Emotion Review の情報
********************************************************* 
最新11巻1号(January, 2019)へのアクセス
http://emr.sagepub.com/content/current


会員になると,Emotion Researcherという,感情研究者にとって魅力的な
記事がつまった会報がWebで見れます。
ISRE's Sourcebook for Research on Emotion and Affectという欄では,
新しくEmotions and Healthについて特集されています。
タイトルと筆者は以下の通りです。

Assessing and Understanding the Role of Everyday Emotion and Affect 
in Relation to Stress and Health 
(Joshua M. Smyth, Andreas B. Neubauer, & Michael A. Russell)
The Politics of Well-being and Ecstasy (Jules Evans)


読んでみたくなったら,会員になってみましょう!

********************************************************* 
 【6】 International Society for Research on Emotion の情報
********************************************************* 
ISRE2019はオランダ,Amsterdamで,2019年7月10日から13日の日程で開催されます。

ISREのウェブサイトにて参加登録が開始されました。
早期参加登録の期限は2019年3月15日までです。

詳細はISREのウェブサイトをご確認ください。

http://isre.org/

********************************************************* 
 【7】Society for Affective Science の情報
********************************************************* 
次回大会の2019 SAS Annual Conferenceの日程は以下の通りです。

日時:March 21-23
場所:The Westin Boston Waterfront Hotel Boston, MA USAで開催されます。

詳細はSASのウェブサイトをご確認ください。

https://society-for-affective-science.org/

********************************************************* 
 【8】 European Philosophical Society for the Study of Emotions の情報
********************************************************* 
次回大会の2019 EPSSE annual Conferenceの日程は以下の通りです。

日時:June 10-12
場所:Pisa, Italy


EPSSEに関する詳細は以下のウェブサイトをご覧下さい。
https://www.epsse.org/

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★ニューズレター配信日:毎月10日
★記事掲載依頼受付期限:毎月5日
★情報提供者を募集しております!学会,研究会,どんな情報でも,会員
に寄与するものは,配信いたします。事務局までご連絡ください。
★現在事務局が把握している会員メールアドレスに一斉送信しております。
★学会Twitter(https://twitter.com/jsre_pr)を是非フォローしてください。
また、Twitterにて流したい情報等がございましたらご連絡ください。
★本メール受信にお心当たりのない方,メールアドレスの変更を希望さ
 れる方,登録解除をご希望の方は,ご面倒ですが下記のアドレスまでご
 連絡ください。
 jsre-post@bunken.co.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


/一覧へ戻る